line_box_head

海の環境保護を訴えてきたウインドブロウ。今年は入場無料のビーチパーティーとして開催。

(2018.08.22)

フェスのTOP

icon

 静岡の海沿いの公園で開催されてきた夏フェス「ウインドブロウ」。二日目である日曜の朝には、出演するミュージシャンも参加してのビーチクリーンが行われるなど、海の環境保護にも力を入れてきたフェスだ。このウインドブロウが、今年は入場無料のイベントとして開催されることになった。

「15年間、音楽業界のなかでライブシーンを重視し、おすすめのライブショウケースとして開催してきましたが、地域密着を掲げるなかで、地元の方に子どもや孫と一緒に見にきて欲しいという思いから入場無料のイベントにしました。有料、無料、それぞれの特性があると思います。実際『無料だったら行かないなあ』という声もあり、『無料なら大勢の人を誘えるね』という声もあります。近年、一度やってみたかったことへのチャレンジです」とウインドブロウの田中徹さん。

 フェスを通して自然とたわむれ、そこからいろんなことを学んでもらいたい。そんな思いを持って田中さんはウインドブロウを立ち上げた。その気持ちは今も変わらない。しかし、ここ数年の急激な気温上昇で、夏にフェスを開催していいのかという思いも抱き始めているという。イベントのメインとなる会場が、海の家にしたことも、この考えが一因にあるに違いない。

 無料のイベントといっても、毎年ウインドブロウに参加していたアーティストたちが集結する。彼らには、「夏の最後にはここで」という思いがあるのだろう。ワークショップや、SUPやサーフィンの体験もラインナップされている。のんびりとしたビーチパーティーであり、音楽と海を楽しめる時間がここにある。

WINDBLOW’18

開催日:8月25日(土)26 日(日)
会場:さがらサンビーチBEACH GARDEN(静岡県牧之原市)
出演:Keison、Leyona、Spinna B-ILL、PAPA U-Gee、Latyr Sy、他
入場無料

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot