line_box_head

西荻を愛する人が集まり、発信するフリーフェス。西荻ラバーズフェス、3月20日に初開催!

(2016.03.05)

フェスのTOP

icon

画像

今年初開催される西荻ラバーズフェス。出店も出演も、ほとんどが西荻窪にゆかりのある人たち。新しいコミュニティがこのフェスから生まれる。

画像02

会場は、西荻駅から歩いて15分程度にある区立の公園。緑の芝生が広がった公園に、バリエーション豊かなショップが並ぶ。

画像03

実行員会のメンバーは、とにかく西荻が好き。小さなショップが連なり、どこか有機的なつながりがあるのも西荻の魅力だという。

画像04

フェスは17時に終了。帰りに西荻の街を楽しんで行ってもらいたいという思いから、「NISHIOGI LOVERS NIGHT」という店舗紹介企画も用意されている。

今年3月20日に東京・西荻窪の公園で初開催される「西荻ラバーズフェス」。その名の通り、西荻を愛する人たちが集い、西荻の魅力を再発見し、提案しようというフリーフェスだ。西荻にゆかりのあるミュージシャンがライブをし、西荻のショップが出店する。フェスを開催することによって、新たなコニュニケーションを構築する。東京23区で開催される地域密着型のフェスは、「西荻ラバーズフェス」が初かもしれない。実行院長の高橋成彰さんに、「西荻ラバーズフェス」の楽しみ方を聞いた。

—— 東京の西荻窪の公園で、フェスを開催しようとしたきっかけを教えてください。

西荻の街でキャンドルナイト(西荻に来て9ヶ月)やイルミネーション(西荻に来て1年)を行っていた際にいただいた、たくさんの喜びの声がすごくうれしくて、また何か違う形でできるコトはないかと考えていた時に、桃井原っぱ公園という大きな公園を通りがかりました。西荻窪から徒歩15分の芝生の公園を見て、「ここでフェス?」と浮かんだんです。それから3日間頭の中で考えているうちに、どうにもワクワクが抑えられなくなり、ある晩、企画書を作ったのがきっかけです。
その企画書を近所の顔なじみの人に見てもらうと、1週間で10人の仲間が「やろう」と賛同してくれて、ひとりじゃないならできるかなーと。そこで決心して、企画書を作ってから9日後に最初のミーティングを行いました。

—— その企画書ができたのは、いつだったのですか?

イルミネーションが終わった約3週間後。2015年3月25日に最初の企画書ができました。

—— 「西荻ラバーズフェス」は、その名の通り、西荻という街と密接な関係を持ったフェスだと感じています。西荻とは、どういう街なのでしょうか。

西荻は荻窪と吉祥寺という大きな街に挟まれた小さな街です。大きな企業や大きな建物に街が浸食をされることも少なく、昔から続くお店や、若者による個性的なお店などがバランスよく軒を連ねています。商店街の数も23あり、ひとつひとつの規模も小さなお店が多く、派手さは少なくこだわりは多め、ジャンルの幅や新旧のバランスもとても良い街だと思います。
そうした小さな店の並ぶ街に大きな道路が通っていないこともあって、ぶらぶら散歩をするのにぴったりの街です。アーティストや作家の方も多く住んでいる様で、アーバンすぎない心地よいユルさと、ちょっと大人なセンスの良さも魅力と思います。


1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot