line_box_head

本邦初公開! 「ものぐさおとこの山ごはん㉖」これが最強のウルトラライトチャーハンだ!

(2018.04.12)

ごはんのTOP

icon

みなさん、こんにちは。「BASE CAMP」のA-sukeです。
ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 今回使うのはセブンイレブンの新商品のおにぎり「醤油漬け卵黄」。

 これが画期的なのだ。
 何が画期的かだって?

 持ち運びに気をつかうタマゴを持っていかなくても料理にタマゴが使えるということじゃないか!

 今回はこのよころびをチャーハンを作って表すとしよう!
 今まで見たことのない「炭火焼き鳥 柚子胡椒仕立て」もチャーハンにピッタリだ!

 お肉まで別に用意する必要がないとは!

 というわけで、おにぎりはこの2種。ほかに用意するのは刻み白ねぎと調味料だけ。調味料は塩コショウとゴマ油だけでOKだ。
 まずはフライパンにごま油を敷いて……。
 刻み白ねぎを投入。

 火加減は弱火。風が出ていれば中火でもOK。焦がさないように! 火力が強いと思ったらフライパンを宙に持ち上げよう。
 ねぎが少しだけしんなりしたら(やりすぎないこと!)、続いてしょうゆ漬け卵黄にぎりを投入。この時おにぎりを割って卵黄をフライパンの肌に触れるようにしよう。もちろんこのままでも食べられるけど炒り卵の食感を出すためにタマゴに火を通すのだ。
 思ったよりも火が通りにくい。焦らずに炒めよう。

 焦がさないように炒めながらある程度火が通ったら、炭火焼き鳥のおにぎりも入れて炒め、全体的に温まったら……。
 塩コショウで味を調えて、追いゴマ油を回し入れてササっと和えたら完成です!!
 これはおいしい!!

 卵黄がほぼ固形のおかげで水っぽくない。しかも柚子胡椒仕立ての鶏肉もすでに細かく刻まれているし、味も文句なんてあるわけがない。

 今回はおにぎりの具材をめいっぱい活かした超簡単ULチャーハン、ぜひみなさんもやってみてね!

来月もこうご期待!!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)

 
 
ライター
A-suke

アウトドアをコンセプトにした東京水道橋のカフェ「BASE CAMP」店長。 アウトドア料理関連の仕事の他にもワークショップ、グッズの企画/デザイン、イベント出典など、活動は多岐。ハンティングやフライフィッシングなど狩猟採集にも精通し、食とアウトドアを結ぶさまざまな遊びを提案中!http://www.cafe-basecamp.com/

line_box_foot