line_box_head

まさにEPIC !! 「Signal Snowboards」チームのキャンピングカーによる旅の記録が公開

(2013.07.08)

アウトドアのTOP

icon

画像

signalの名前どおり、ブランドはさまざまな気持ちや人の繋がりを発信することを信条にしている。今回のツアーも、それを形にしたもの

画像02

オープニング。街から山へ。日常から旅へ。乗り物は、日常をそのまま旅の日々へと変換する夢のマシン、キャンピングカーだ

画像03

どこに行ってもパウダーパウダー。素肌を出せないほどの気温に、マスクは必須。もちろん雪質は上々

画像04

景色は常に流れている。動き続けることがもたらす、旅の日々とは

画像05

グッドスノーとブルーバード。足腰立たなくなるまで滑り、疲れすぎて笑う。今日も明日も、そんな日々

 驚くくらいたくさんの、そしてとろけるほどの良質な雪に恵まれた2013年の冬。「Signal Snowboards」チームは兵庫から長野・新潟を経て秋田まで、日本の冬山を旅していた。ライダーは三人。アメリカからJake Olson-Elm(ジェイク・オルソンエルム)とDanimals(ダニマル)、そして日本から堀井優作(ほりいゆうさく)。ここに類い希な映像センスで注目の若手ビデオグラファー、Jake Durham(ジェイク・ドゥーハム)が合流。

 旅の足に選んだのはキャンピングカー。狭い車内に愛用のスノーボードギアとビールと音楽、それに何日も洗ってないウェアのにおいをいっぱいに詰め込んで、彼らの旅が始まった。行く先はスイートな雪山、自分たちの滑りたいバックカントリー、そして偶然巡り会うであろうストリートスポット。もちろん行く先々にはSignal Snowboardsのローカルライダーと多くのファンが待ち受ける。さぁ、EPICなセッションの始まりだ!

 寒さ、吹雪、深夜のロングドライブ、風景、人、食べ物、文化、温泉、笑い、感動、スノーボードがもたらす充実感と、旅の終わりの寂しさ。今回、2週間に及ぶこのロードトリップがもたらしたさまざまな気持ちを、まずは15分のUSバージョンで公開。オープニングの音楽の使い方やカットのつなぎ方、そしてテンポのいい展開と余韻を持たせるエンディングなど、短いながらJake Durhamのセンスがフルに注ぎ込まれている。さらにこの秋には秘蔵のショットや旅の舞台裏など、より細かいシーンなども盛り込んだ日本バージョンも公開される。

 灼熱!という言葉がぴったりの今日。せめて映像だけでも、というのは言い古されたフレーズではあるけれど。奇跡の冬と呼ぶにふさわしい2013年の冬がいかに素晴らしかったかを思い出しつつ、多くのスキーヤー&スノーボーダーにおかれましてはいつも無意識につぶやいてしまうあの言葉で、共にこの暑さを乗り切っていただきたいと願う次第です。ではご唱和ください。せーの、
「早く冬、こねーかなー」

SIGNAL EPIC DAYZ JAPAN TOUR 2013 -US edit version-

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot