line_box_head

面積約21,000㎡。来春アウトドアビレッジが東京・昭島に誕生!

(2014.12.13)

アウトドアのTOP

icon

logo

「MORIPARK」のロゴは、複数の「木」が重なって作り出される「森」をイメージ

brand

アウトドアライフにまつわるさまざまな「モノ・コト」が集結。THE NORTH FACE、SNOW PEAK、COLUMBIAなど15店舗がオープンする(画像:モリパーク アウトドアヴィレッジより)

image

巨大なクライミングウォールをシンボルに、施設内はゆったりとしたレイアウトだそう(画像:モリパーク アウトドアヴィレッジより)

 東京都の西部にある立川市の立川駅から、東京都・奥多摩町の奥多摩駅を結ぶ「青梅(おうめ)線」。その路線の駅のひとつ「昭島駅」そばに、来春の3月13日(金)、アウトドアに特化した大型の商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」が誕生することになった。

「モリパーク アウトドアヴィレッジ」は、アウトドアの魅力を体験、体感できる新しいスタイルの屋外型複合商業施設のこと。約21,000㎡の敷地内に数々のアウトドアブランドの直営店が並び、そのほかアウトドアをテーマとした飲食店舗や、クライミングジムなどからなる7棟の施設が計画されている。

 クライミングジム&ヨガスタジオ「PLAY」には、高さ5m、延長約56mのボルダリングウォールのほか、国際競技基準にそったワールド・クラスの大会開催も可能な高さ16.5mのクライミングウォールも備えられる予定だ。その他にイベント広場やミニトレッキングコース(約200m)、ミニキャンプ場、カヌー試乗もできる池なども備えられる。

 なにより、「モリパーク アウトドアヴィレッジ」のある昭島駅は、電車1時間で登山やカヤック、釣り、キャンプ……と、さまざまなアウトドアが楽しめる奥多摩へアクセスできる好立地条件。各店舗主催のさまざまなフィールドイベントも期待できそうだ。

 2015年のアウトドアシーズンに向け、ニュースが目白押しとなる昭島へ初春に訪れてみてはいかがだろうか。

■施設名:MORI RARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)
■所在地:東京都昭島市田中町610-4
■アクセス:JR青梅線昭島駅北口下車徒歩3分
 東京駅よりJR中央線・青梅線の特別快速利用で約1時間
 JR新宿駅より中央線・青梅線の特別快速利用で約40分

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot