line_box_head

【やってみよう】マッチ1本でも一発着火! 焚き火のキホン -着火編-

(2015.12.12)

アウトドアのTOP

icon

画像

スマートに焚き火を着火できればモテる?! かどうかはわかりませんが、キャンプでも災害時でも役立つことは間違いなし

 先日、キャンプに行ってきました。冬キャンプの楽しみと言えば、やっぱり焚き火でしょう。「あったまるわ~」とか「離れられないね」なんていいながら焚き火を囲む。寒いから余計に火が恋しくなるんでしょうね。でもキャンプ場を眺めると、最初の着火に手間取ってる方も多いようです。ということで今回は焚き火の「着火」についておさらいしましょう。

 ちゃんと覚えれば、着火剤やガスバーナーなんつう無粋(?)なものを使わず、マッチ一本、ライター一発で着火できます。ちなみに我々、フェスやイベントなどで背丈以上もあるキャンプファイヤーを組んだりしてますが、灯油もバーナーも使わず小さな火種のみで着火してます(ドヤさ、ドヤさ)。さぁ、粋な着火を身につけて、みんなにドヤ顔してやりましょう。

焚き火着火の成否は段取り次第だ!

 キャンプ場で売ってる薪にライターの火をそのまま近づけてもまず燃えてくれません。まずは、手斧や鉈で薪を小割りにして燃えやすい材を作りましょう。便宜上、以下のように目安を設定してみました。

 零番:松や杉の枯れ葉(乾いたもの) 二つまみぐらい
 一番:ナイフや鉈で削って作る極細のもの 10本ぐらい
 二番:割り箸ぐらいの太さと長さのもの 8~10本
 三番:小指ぐらいの太さの薪 5、6本
 四番:親指ぐらいの太さの薪 4、5本
 五番:四番の2、3倍の太さの薪 4、5本

 薪の材質(針葉樹、広葉樹)や乾燥具合、気候(湿度や風)などによって、それぞれの本数を加減したり、零番や途中を省略したりと調整します。

この時は、火持ちのいいサクラの薪だったので、零番は省略、二番を多めにしてみました

一番確実なのはティーピー型

 小割にした薪は、細い方から順番にティーピー型に組んで行きます。ティーピー型といっても何の支えもなしには薪は立たないので、後ろに太めの薪を置いて立て掛けるようにして縦長の三角形に組んでいきます。炎は下から上へ燃えていきますので、着火の際はこの形が一番確実です。もし焚き付けになる零番がたくさんある場合や、着火剤を使う場合は、上にこんもり被せるようにしてもOKです。

火は下から上へと燃えるので、こういう形に組んでいくと小さな火種でも消えにくいのです

1 2
 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot