• アウトドア

トレランは本当にダイエットできるのか? 小太りおばさんが富士忍野高原トレイルレースに出てきました

2017.06.22 Thu

Hochi Naomi

Hochi Naomi 肉食系自然派ライター

 みなさんこんにちは、芳地直美です。(誰だこんなタイトルつけたのは?)
 アウトドア界の蝶よ花よとおだてられ、舞い上がっていた日はいつのことやら、鏡を見れば、おなかがブヨッ。40歳を過ぎた自分の裸を鏡に映して驚いたのです。
 「ふ、腹水がたまっている?! 」
それを聞いた友だちが笑いながら言いました。
「それはデブという不治の病です」
 久しぶりに体重計に乗ってみると、身長156センチで、55キロを超え、体脂肪率30%越えのまさしく小太りな中年女…それが今の私。げっ、これが中年太りというものか~、そうかもしれません。若いころと同じように食べていたら、代謝量が違うのだから太るのは当然です。代謝をあげ、ダイエットをするためには運動しないとなりません。日ごろのトレーニングのモチベーションをあげるには…そう、なにか目標を…。
で、申し込んだのが先日行われた、第8回富士忍野高原トレイルレース大会です。
6月の良く晴れた朝、会場となる忍野中学校に向かうと、老若男女、約2300名の参加者がカラフルなウエアを身に着けて、アップのために体を動かしています。スタート地点にはすでに長蛇の列が。緊張で心臓はすでにドキドキッ! 後ろのほうに遠慮がちに並ぶと、号砲が鳴り響いてレースがスタートしました。
 はじめは里山といった風景の、のどかな農道を走ります。平坦な道なのに、暑さからか(ただの練習不足)息があがってきます。なんとか必死に山道手前まで走ると、ここから登り。トレイルランニングの醍醐味である、舗装されていない山道へ。
 しかし、「坂道を走る」って、なんて苦しいのでしょうか。ロードレースとぜんぜん違い、一足ごとに足(体か?)が重くなっていきます。走っては足を止めて歩く、走っては足を止めて歩くの繰り返し。 
「げ~、しんど~」 
 今回、私が出たのはショートコース(13.9キロ)ですが、ロングコース(約36.1km) やミドルコース(約25.4km)などもあり、どのコースも忍野村を囲む山々の稜線を中心としたアップダウンのコースです。急な登りや急な岩場を下るルート、また、高座山・杓子山から見られる富士山は圧巻そのもので、参加者はこの富士山の雄大さにしびれる、らしいのですが…そんな余裕はありません。
 隣の人の「ハァハァ」という息が、よけい私を苦しくさせます。膝がおなかにつくような急坂には、地元の自衛隊の制服を着たお兄さんが「頑張ってください」と声をかけてくれます。この大会は地元の消防、村の方、子どもたちやお母さん方など、みなさん総出で応援してくれる温かい大会です。
 山道を抜けて給水ポイントへ。ダイエットが目的とはいえ、エネルギー補給は必要です。オレンジと梅干と、おまんじゅうとスポーツドリンクをいただいて再出発! 果物がとてもおいしく、元気が出てきました。
 ここら先は、雄大な富士山を見ながら、忍野村を囲むように山々の尾根を走ります。岩場や森林など移り変わる風景が飽きさせません。名水として有名な忍野八海、その山の中がこんなに自然が豊かだなんて知りませんでした。やはり、アスファルトの固い道より、柔らかい土の道が優しい感じです。
 新緑の山の緑を揺らす風が、汗をかいた体に気持ちいい! トレイルランニング、気持ちいい~!!
 スタートから2時間近く、やっと忍野中学校が見えてきました。最後のラストスパートをしようにも足が重くて動きません。ずっと隣を走ってきた、少しお腹の出たおじさんも私に向かって「あ、足が…」と訴えてきます。途中、よほど疲れているように見えたのか、街頭のおばあさんからなぜか、雷おこしをもらいました。そして、そのおじさんとふたりで励ましあってゴール。ゴールしたあとは富士の湧水で作ったおいしい豚汁をいただきました。

 富士忍野高原トレイルレース大会は、走力に合わせて種目選択可能、万全な運営で完走をサポートしてくれるので初心者の方にもお勧めだと思います。コースもわかりやすいし、大会スタッフの方がとても親切でした。
さて、今回初めて出場したトレランレースでしたが、富士山を眺めながら爽快に走ることができて、とても気持ちが良かったです。「結果だけを求めない」という楽しさも知ることができました。
 レースに出れば、少しは痩せられるかもしれない、痩せたらいいな…などという淡い期待と煩悩は、レース後に飲んだビールのおいしさとともにすべて吹っ飛んで行きました。途中のエイドでもだいぶ飲み食いしてしまった…。
 鳴呼……どなたか「結果にコミット」してくれる方はいませんかね。

 下記に、「まだ間に合う今年の富士山★トレイルランニング大会」を探してみました。雄大な富士山を眺めながらトレイルランニングを楽しんでくださいね! 

トレイルランナーズカップ静岡

2017年8月6日(日)
3歳から参加申込み可、当日参加申込み可の気軽に参加できる大会です。事前の書類発送は行っておりませんので、受付でお名前をお申し付け頂きゼッケンをお渡しさせて頂きます
種目 6km , 3km  
エントリー期間  2017年7月27日(木)まで。

水見色Trail Running -第3回水見色トレラン-

2017年10月1日(日)
静岡平野と駿河湾・富士山の抜群の眺めが楽しめる高山・市民の森での1周約3.5kmのコースを回るレースです。
種目 4時間リレー , 個人4周(14km) , 個人1周(3.5km) , 3.5kmキッズ
エントリー期間  2017年9月16日(土) まで

●第11回富士山麓トレイルラン
2017年9月30日(土)
風景を楽しみながら適度に走れるトレイル98パーセントのコースです。トレイルランナーでもある福田六花さんによる生バンド演奏も楽しめます。
種目 約18kmロング , 約10kmショート , 約18kmロング(デビュー枠) , 約10kmショート(デビュー枠)
エントリー期間  2017年7月31日(月) まで。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧