• アクティビティ

7月17日(土)、高尾山口駅前に高尾エリアを遊ぶ拠点となる施設「タカオネ」が開業する!

2021.07.15 Thu

河津慶祐

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

 高尾山口駅の目の前に、オレンジ色をした目立つホテルが建っていたのはご存知だろうか。駅前の広場からトリックアート美術館のほうを眺めると、自然豊かな景色のなかでとくに目立ち、否が応でも目に入ってしまっていたアレだ。

 そのホテルを京王電鉄が購入、リノベーションをし、今週末の7月17日(土)に「タカオネ」という宿泊施設としてグランドオープンすることになった。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギア高尾山の名前の由来は「高尾根」だという説がある。その「高尾根」という原点に想いを馳せつつ、未来に向かってどこまでも拡がっていく、新しい高尾山のきっかけになるようにと「タカオネ」と名付けたそう。

 高尾山は “東京都民にとっての裏山” といっても過言ではないほど、都民にとっては親しみが深い。中央線沿線出身の筆者は記憶がおぼろげな幼稚園のころから「遠足といえば」という感じで幾度となく登ってきた。

 新宿から約50分という好立地。そして、豊富な動植物や中腹まで伸びているケーブルカーやリフト、バリエーション豊かな登山道によって人気の高い観光地となっている。2007年にはミシュランガイドで3つ星を獲得し、2020年には東京初の日本遺産(*1)にも認定された。
(*1) 日本遺産とは、文化庁が認定する、地域活性化を目的とした日本の文化遺産保護制度のひとつ。

 高尾山は3〜4時間あれば往復できるため、ほとんどが日帰りで、いままで宿泊施設は充実していなかった。しかし、タカオネは高尾山をエリアとして捉え、ここを拠点としての楽しみ方を提案し、複数日をかけて高尾山エリアがもつ豊富なアクティビティを楽しんでもらうことをめざしている。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギアタカオネ入り口のサイン。「ACTIVITY&STAY」の文字から “アクティビティを楽しんでほしい” という強い思いが伝わってくる。

 タカオネがテーマとしているのは、場をつくるのではなく「方(カタ)づくり」だという。

 そのうちのひとつが「泊まり方」。客室をただ寝るための場にするのではなく、高尾を楽しむ “作戦” を練るための空間としている。シンプルなつくりでムダな装飾品や道具は備えず、壁にかけられたテーブルやイスといった客室家具を使って、宿泊者が自由にレイアウトを変えることができる。

いちばん部屋数の多いスタンダードルーム。13室あり、定員は4名。テラス付きも1室あり。このタイプの部屋はシャワールームのみとなる。ほかの部屋もそうだが、1名から、定員以下で泊まることもできる。

全部屋、テーブルとイスを壁にかけておくことができる。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギアスタンダードルームの約2倍の広さを誇るスーペリア。7名の定員で2室。同タイプで2段ベッドの部屋は9室あり、9名まで入れる。全室共通の設備は冷蔵庫、電気ケトル、温水洗浄便座、ドライヤー、セーフティーボックス、タオル類など。

客室と同程度の大きさのテラスを備えるテラスルーム。2部屋あり、定員は6名。

開放感のあるテラス。ロッキングチェアで星空を眺めるのもいいかもしれない。

1室しかないルーフトップバス。定員は9名。バスルームは部屋の中にある階段を登った先にある。

屋上部にあるバスルーム。ほかから見えてしまうことはない。スタンダードルーム以外にはバスルームが備わっている。

 もうひとつは「過ごし方」。タカオネでは、施設内で過ごす時間もアクティビティのひとつとなるようにしている。たとえば焚火。すべての宿泊プランには薪が付属しており、中庭で自由に焚火を楽しめる(*2)
(*2) 天候や空き状況によって利用できない場合もあり。別途、薪販売も行なっていて、宿泊者以外も焚火ができるそう。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギアNAKA-NIWAでは焚火ができる。うしろにあるのは手作りの薪棚。薪は地域のものを使うこだわりよう。

だれでも利用できる1階のSTORE。リユースアウトドアギアを取り扱っている「UZD」と連携し、リユース商品の販売を行なっている。意外な掘り出し物が見つかるかもしれない!

もちろんタカオネのオリジナルグッズも。ほかには八王子の作家やメーカーが手がけたアイテムや、量り売りのドライフルーツなども販売する。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギアスイスアルプスで生まれたトレランシューズ「On」を無料レンタルしている。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギアタカオネ内にはこだわりのサインがそこかしこに。中段右のサインには本物の鳥の巣が使われている。鳥が出入りする姿が見てみたくなる。

 そして3つ目は「楽しみ方」。川遊びやポタリング、マス釣りなどといった自然を楽しむもののほか、陶芸作家による陶芸体験や革細工作家による革小物づくりのようなワークショップ形式のアクティビティも用意している。

 泊まる場、過ごす場、楽しむ場といった「場」の提供は、ゲストの行動が画一的になりやすい。タカオネでは、ゲスト自身で自分ならではの遊び「方」を模索してもらい、思い思いの高尾時間を過ごしてほしいと考えている。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギアチェックイン時に渡される「アクティビティマップ」。気になるアクティビティをチェックし計画をたてられる。

 高尾を楽しむ拠点というだけあって、宿泊者以外も利用ができるようになっている。

 まずは1階にあるカフェ&ダイニング「KITCHEN」。食材は八王子産のものを積極的に使用し、高尾ビールと共同開発したタカオネオリジナルビールを販売するというように、地産地消に力をいれている。

 食事もアクティビティのひとつと捉えている点がおもしろい。メニューにはアヒージョやスモアセットといった焚火で調理する料理や、高尾の自然に囲まれながら食べれるようテイクアウトメニューもラインナップ。

 高尾山を登ったあとに、タカオネで焚火をしながら食事をする。そんな休日もいいだろう。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギア宿泊者だけではなく一般利用もできるKITCHEN。手前の大型の机にはバイオエタノールの暖炉も設置されている。

NAKA-NIWAで焚火を見ながら食事というのもオツだろう。

道路に面した「街のテラス」はペットを連れての利用が可能だ。通りすがりの人も立ち寄りやすい場になっている。

 ビジネス向けにはテレワークプラン(*3)も用意されている。1日1,500円払うだけで、無料Wi-Fiと電源、LOUNGEのドリンク飲み放題が利用できる。さらに、合間の時間で山へ遊びに行けるようにと、トレランシューズの無料レンタルと荷物の預かり、シャワー利用もサービスに入っているのがタカオネらしい。
(*3) テレワークプランは予約不要。

2階のLOUNGEは窓が多く明るくてテレワークに最適。テレワークの利用は7〜18時のうち最大10時間。LOUNGEのほか、KITCHEN、HALL、NAKA-NIWA、ROOF TOPを利用できる。KITCHEN以外では電話やオンライン会議、飲食の持ち込みも可能。

タカオネは学生やサークル、社会人といった団体の合宿・研修用途でも利用できる。HALLは着席で80名収納でき、団体での室内アクティビティに対応することができる。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギア英字の「TAKAONE」をよく見ると、“ONE” がすこし小さくなっている。これは、タカオネを利用したグループが「ひとつのチームとなるように」という願いが込められている。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギア近隣にタカオネより高い建物はないため、ROOF TOPは抜群の眺望を誇る。天気の良い日にはここでテレワークをすると気持ちがよさそうだ。

高尾山のケーブルカーの清滝駅がよく見える。晴れていると山の中腹にある「高尾山駅」も見えるという。

京王電鉄や高尾の町も望める。鉄道好きにはたまらない!?

 昨今、コロナの影響もあり、自宅から1〜2時間圏内の旅行「マイクロツーリズム」が注目されている。タカオネは、都内やその近隣の在住者に、遠方の旅行ではなく、高尾という近場で移動時間と交通費を抑え、その分、思い出に残るアクティビティを充実させてはどうかと提案している。

 高尾山山頂で楽しむ星空観察。暗いうちからハイクし、タカオネの裏山で日の出を望む。こんな体験は、日帰りでは体験できない、宿泊者だけの特権だ。

タカオネ TAKAONE 高尾山口駅 高尾山 高尾 京王 京王電鉄 タカオのカタヲ 八王子 ON トレランシューズ テレワーク 焚火 焚き火 UZD リユース アウトドアギアタカオネの1階に描かれているコンセプトアート。タカオネが訪れた人の “TURNING POINT” となるようにという想いが込められている。

 ここ数年で高尾山口近辺には、タカオネをはじめ、「高尾ベース」や「TAKAO COFFEE」、「高尾599ミュージアム」などといった施設が続々と開業している。これから高尾山には新しいムーブメントが起きる予感がする。


《タカオネ》
▶︎住所:東京都八王子市高尾町2264
▶︎電話番号:03-6632-2163(受付時間 9:30~17:30)
▶︎階数:地上5階
▶︎座席数:KITCHEN・35席、NAKA-NIWA・10席、街のテラス・20席、LOUNGE・34席、HALL・80席
▶︎客室数:28室
▶︎宿泊者数:約172名
▶︎KITCHEN営業時間:モーニング 8:00〜11:00(ラストオーダー10:30)、ランチ 11:00〜15:00(ラストオーダー14:30)、ディナー 15:00〜20:00(ラストオーダー19:00)、テイクアウト 10:00〜17:00
▶︎STORE営業時間:8:00〜19:00
7月17日(土)と18日(日)は営業時間が12:00〜となります。

宿泊費、食事メニューなど詳細はHPを参照。
https://takaone.jp/hotel/

タカオネと並行して、高尾の新しい楽しみ方を発掘・創造・実験・拡張するメディアサイト「タカオのカタヲ」も活動中。
https://takaone.jp

タカオのカタオ編集部とのコラボ記事もあり。
【アウトドア仕事対談】焚き火して、みかん食べて、語り合ったら、なぜか好きなことを仕事にしたくなる話

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント