line_box_head

MERRELLから、話題のGORE-TEX® SURROUND採用シューズ登場

(2016.07.08)

ファッションのTOP

icon

 発売は来月ですが、これは要チェック。今までにない爽やかな履き心地は間違いありません。

 先日、MERRELLのプレス向け発表会でお披露目になったのは「CAPRA VENTURE MID GORE-TEX® SURROUND®(カプラ ヴェンチャー ミッド ゴアテックス® サラウンド®)」。今、アウトドアシーンで注目のゴアテックス サラウンドをとりいれたミッドカットモデルです。

デザイン、色味、素材の使い方など、外見は非常に未来的。そして手にしてみると、その軽さに驚かされます。足を入れてみればフィット感の良いアッパーや心地よいフッドベッドの感触にうっとりするなど、MERRELLならではの造りに感心させられます

 その特徴を大きく3つにまとめてみました。
1. 足の快適さを保つ「GORE-TEX® SURROUND®」+ミッドカット
 アッパーは通気性の良いメッシュ構造を採用。さらに足底部の空気循環を実現することで、靴側面のメッシュ部からも、シューズ内の湿った空気を効果的に排出できる構造を備えました。その上で、足全体を包み込むようにGORE-TEX®ファブリクスをレイアウト。全方位に渡って包み込む(=サラウンド)ような透湿性を備えることで、抜群の快適さと完璧な防水性とを誇っています。
 このゴアテックス サラウンドをミッドカットと組み合わせていることこそ、「CAPRA VENTURE MID GORE-TEX® SURROUND®」の特徴。今まで両立の難しかった足首のガードとシューズ内のドライな快適性を、高い次元でバランスさせています。

2. ビブラム社の「MEGAGRIP」を搭載
 アウトソールには、濡れた路面でも抜群の摩擦力を発揮するビブラム社の「MEGAGRIP(メガグリップ)」を使用。通常のトレッキングソールに比べて縦方向で30%、横方向で20%も滑りにくくなっています。こうした素材自体のグリップ力もさることながら、深さ3.5mmのラグが荒れたガレ場もしっかりつかんで快適な歩行感を実現。もちろん、アウトソールにはカプラシリーズ共通の、山羊のひづめからヒントを得たラグパターンを採用しています。

3. MERRELLのスピードハイキングシューズ「CAPRA」のハイエンドモデル
 CAPRA(カプラ)の基本コンセプトは速く歩くこと。そのため、ソール内部に備えて屈曲性を調整する「モールデッドナイロンアーチシャンク」や、軽い足運びと優れたクッション性を生みだすミッドソールテクノロジー「UNIFLY™(ユニフライ™)」、メレル独自技術のエアークッションミッドソール「メレルエアークッション」など、あらゆる技術をスピードハイク向けにチューニング。カプラシリーズのハイエンドモデルとして仕上げました。同時に、軽い足運びをかなえることが、軽快なトレッキングシューズとしての側面も成長させています。
 こうして速く歩くことと、長く軽快に歩くこと。この2つを同時に満たすことに成功しています。

 この「CAPRA VENTURE MID GORE-TEX® SURROUND®」の発売は8月下旬から。是非ともゴアテックス サラウンドの快適さをフィールドで味わってみたいですね。

 

■「CAPRA VENTURE MID GORE-TEX® SURROUND®(カプラ ヴェンチャー ミッド ゴアテックス® サラウンド®)」
カラー:ブラック、グラナイト
サイズ:[男性]25.0cm~28.0cm、29.0cm、30.0cm *男性用のみ展開
重量:565g(27.0cm 片足)
価格:25,800円+税

MERRELL公式ウェブサイト
http://www.merrell.jp

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot