line_box_head

【ROAD TO HURT100 #2】ついに初めての100マイルの旅がスタート。順調と思いきや、OMG! まさかの…?!

(2018.04.11)

アウトドアのTOP

icon

スポーツアパレルメーカー勤務のotsubellさんのトレラン100マイルレース挑戦記。チームメイトにそそのかされてエントリーしたところ、うっかり当選してしまったハワイで開催される100マイルレース「HURT100」。1周32kmのトレイルを5ラウンドするという、ハワイの楽園ムードとはほど遠い過酷なレース。果たしてotsubellさんの運命はいかに? 今回はスタートから3周までをお届けします。

▼前回のお話はこちら
【ROAD TO HURT100 #1】初めての100マイルへの挑戦。チームメイトにそそのかされてエントリーして…



Earth My Body
Water My Blood
Air My Breath
and Fire My Spirit

隣のランナーと手をつなぎ、目をつぶり、こう、3回唱えてからHURTはスタートする。

大地は私の身体
水は私の血
空気は私の息
そして火は私の魂

 スタート地点に立ち、促されるままこの言葉を唱えているとき、わたしは、なぜか自然と涙がこぼれた。

 緊張と興奮から感情が高ぶりすぎてちょっとおかしな精神状態で、なぜか心の底からこの言葉に納得してしまったのだ。あぁ、わたしは、地球の一部なんだな、そんなスピリチュアルな気持ちに酔いしれつつ涙をぬぐうと、隣のランナーも涙を流していた。緊張と不安ではち切れそうなのは、わたしだけじゃないみたいだ。そう思うと少し心が落ち着いた。

 前日は8時にベッドに入り、朝の3時半に起床。実際はベッドの中でもぞもぞしているだけで3時間くらいしか眠ることはできなかった。アイマスクと耳栓をフル稼働し、教えてもらった連想式睡眠法も試したが、全く効果なし。ちなみに、適当に思い浮かべたアルファベット(たとえばH)を頭文字に持つ単語を延々と思い浮かべて(Heat, Hurt, Human, Hero… など)脳を飽きさせて眠くさせる、という方法。すぐ眠れるとの触れ込みだったが、この時は冴えきった頭で泉のように単語がわいてきてしまい、最終的にHippopotamusとかまで思い浮かべながら眠れない夜を過ごした。カバなんて単語わたしいつ覚えたんだよ。

スタートは朝の6時。まだ薄暗いのでヘッドランプを付けてのスタートだ。

 レースの予想タイムは
 1周目:5時間30分(13日 11:30)
 2周目:6時間20分(13日 17:50)
 3周目:7時間20分(14日 01:10)
 4周目:8時間20分(14日 9:30)※関門 14日10:00
 5周目:8時間00分(14日 17:30)※関門 14日18:00

会場について早々にタイム表をなくしたので、腕に油性ペンで書いていると、右腕にエマ画伯に謎の餃子の絵を描かれた。

 制限時間36時間、予定完走時間は35時間半。36時間を5周で均等に割れば1周は7時間以上かけていい計算になるが、後半ペースが落ちるのを想定して、1周目は5時間半を目標にした。少しオーバーペース気味でも最初は頑張って走ろう、そう決めてスタートを切った。

 わたしはこのレースで初めてストックというものを持ってスタートした。日本のレースでは使用が禁止されているレースも多いので、使ったことがなかった。慣れないストックを初めてのレースで使うかどうか悩んでいたのだが、「腕が死ぬのは足が死ぬよりは全然ましだろ! だって脚さえ残ってば完走できるんだぞ!」と昨年完走した仲間のアンディに言われ、スタートから使うことを決めた。使い始めてみて驚くほど身軽に登っていける自分に驚いた。アンディがアドバイスできる戦術は、レース前1週間オナニー禁止論という糞みたいな戦術だけだと思っていたが、意外といいこと言うんだなと見直しつつ、暗闇の中足を進めた。

 スタート地点から12㎞、最初のエイドParadise parkには約2時間で到着した。走っている間に夜は明け、あたりは明るくなっていた。あっという間の2時間だった。ここのエイドは海賊をテーマにしており、コスプレをしたボランティアの面々に、ハロウィンさながらに装飾されたエイド。エイドでは1人のランナーに対して2-3人がかりでサポートしてくれる。食べ物が恐ろしく充実しており、定番のフルーツやジェルに加え、ブリトーやスパムおむすびなど、ありとあらゆるものが用意されていた。

125人のランナーに対して、ボランティアの方々は200人以上。みんな我先にとランナーをサポートしてくれる。そんな人の暖かさ、そしてボランティアのみんながこのレースを下心なしに純粋に楽しんでいる気持ちが、ランナーの支えになるのだと思う。

 ドロップバックに入れていた麦茶を補充し、エマちゃんが作ってくれたバンダナを半分に縫ったものの中に氷を入れてもらい首に巻きつけてからエイドを出発した。ハワイの1月は、思っていたよりずっと夏だった。低山なので風も吹かず、真夏の日本のレースと大差ない環境でとにかく暑い。

うっかりバンダナに直接氷を入れてしまったので、溶けだした水で全身びしょびしょに濡れている。

 次のエイドNuuanuまでは8km。さっき下ってきた道を登り返し、根っこ道を走り、斜度がありテクニカルなトレイルを抜け、最後に川を渡渉したらエイドだ。Nuuanuエイドは、後から聞いた話ではあるが日系の方が運営しているエイドで、おにぎりやお味噌汁など、日本らしいものがたくさん置いてあったようだ。

「ほしいものは全部ジップロックに入れてあげるから持って早く出なさい!」

 そうボランティアのおじちゃんに促され、わたしはバナナとブドウだけを入れてもらってすぐにエイドをあとにした。またもさっき下ってきた道を登り返し、12㎞先のスタート/ゴール地点のNature Centerを目指しひた走った。

 バンダナのせいで、全身がびしょびしょになったぁぁぁぁぁ! 麦茶がほしい! 麦茶をくれ!! 渡渉でドボンしたから靴を変えたい!! 足の筋肉が張ってるからテーピングやりなおしたい!!!!! ていうかこのポール壊れてるんだけどおぉぉぉぉぉぉ!!!!!(実際はただきちんとロックかかってなかっただけ)

 ほぼ予定通りの時間で1周目を楽しく走りきり、Nature Centerに戻ってきて吠えまくるわたしのリクエストに、エマちゃんとまさしさんが素早く対応してくれた。特に経験豊富なエマちゃん対応は素晴らしく、すばやくテーピングを張り直して、同じ靴を履いていたので靴も貸してくれ、バンダナの氷は直接ではなくジップロックに入れてからバンダナに入れればいいと冷静に教えてくれた。オナ神アンディは風邪をひいて休んでいるらしく姿が見当たらない。

 エイドの滞在時間は少し長めだったが、ここから後の周回は今よりゆっくりのペースで走って大丈夫、という安心感があった。ただ、今までにない筋肉の張りと膝の違和感を少しだけ不安に思いながら、2周目へと向かった。

1周目32㎞ 出発より5時間35分
予定タイム 5時間30分(13日 11:30)
エイド in タイム 5時間35分(13日 11:35)

1 2 3
 
 
ライター
otsubell

コロンビアスポーツウェアのウィメンズアパレル担当MD。トレラン、ハイク、スノーボードと年間通してアウトドアを貪欲に楽しむ通称「山貧女」主食は餃子。HURT100に当選してから綴り始めたブログROAD TO XXXが好評。Instagramは(OTO@Otsubell)

line_box_foot