line_box_head

【ROAD TO HURT100 #1】初めての100マイルへの挑戦。チームメイトにそそのかされてエントリーして…

(2018.03.26)

アウトドアのTOP

icon

女性トレイルランナーの短期連載企画第二弾は、某スポーツアパレルメーカー勤務のotsubellさんの100mileレース挑戦記です。つい数年前まで「ランニングなんてまったく興味ない」とか言ってた女性がいつの間にか100mile(160km)に挑戦するなんて……。果たして無事完走できたのか? 短期集中連載でお届けします!


 Akimamaの読者のみなさんなら、トレイルランニングはご存知だろう。山を走ることを楽しむアクティビティである。
 そのトレイルランニングの世界に、100マイル(mile)というジャンルがあることをご存じだろうか。100マイル、すなわち160㎞である。日本にはまだトレイルランニングの100マイルレースは5つしか存在しないため、走らない人にとっては、あまり馴染みのないカテゴリーだと思う。いや、走る人にとっても、100マイルは少し異次元の存在だ。「いつかは走ってみたいな」と思っているランナーが大多数、自分には無理だと思っていたり、興味ないと思っているランナーもいるだろう。当たり前だが、気軽にエントリーできる距離じゃない。経験と走力を積み上げたランナーでないと、チャレンジしようとする意欲すら生まれない距離、それが100マイルだ。
 そんな100マイルのレース、しかも海外で開催される難易度の高いレースに、運命のいたずらで突如チャレンジすることになった、走力も経験も不足気味のわたし otsubell が、いかにしてこの無理難題を乗り切ろうとしたのか、珍道中をお届けしようと思う。

* * *

 わたしは、もともと運動とは無縁の生活を送っていたのでよくわかる。山の中を160㎞走ると聞いて普通の人がどう思うか。

ランニングも登山も辛いのに、え? 山、走るの?
しかも、160㎞って、それ東京から静岡くらいまで行けるよね?
それって寝ないで走るの??
ていうかそれお金払ってするようなことなの??

 と、いうのが普通の人の反応だと思う。わたしも33年間生きた中で、32年と半年位は同じ意見を持って生きてきたので否定はしない。「私、山を160㎞走るのが趣味なんです♡」なんて言われて浮足立つ男や、憧れを抱く女なんて街中にはそうそういない。だいたい「ちょっと変わってる人」というレッテルを張られるのが常だ。

 そんな、160㎞山の中を走るトレイルランニングのレースに、ひょんなことからチャレンジすることになった女がいる。




わたし、だ。

 8月某日の朝、わたしは1通のメールを受信する。

「HURTおめでとう!」

 そこには、こう書かれていた。

 HURTとは、The Hawaiian Ultra Running Team’s Trail 100-Mile Endurance Runの略で、簡単に言うと1月にハワイで開催される160㎞走るトレイルランニングのレースのことである。

 ハワイといえば 青い空、白い雲。ビーチにビキニギャル、サーフィンするイケメン。おいしいビールに、アイスクリーム、etc... どこをどう切り取ってもそこは地上の楽園である。そんな楽園ハワイに、人はバカンスを楽しみに行くのが普通だ。新婚カップルはワイキキでお揃いのアロハを着て横行闊歩する。

 そんな浮かれた場所からたった5㎞。クルマでわずか10分くらいでたどり着ける場所にあるネイチャーセンターをスタート / ゴールとし、1周20マイル(32km)のコースを5周する、というのが、このHURTというレースだ。聞いただけでも“絶望”の二文字を連想させ、ハワイという楽園から想像できないほど過酷な100マイルレースなのである。

これがHURTのコースマップ

 しかも、このコースマップを見てもらえばわかるように、1周、というのはラウンドではない。スタートのNature Centerから白いルートを通ってparadise parkへ、緑のルートでNuuanuへ、そしてオレンジのルートで再びNature centerへと戻るY字のコース。要するに同じところ登って下って登って下って、を繰り返すコースなのだ。

そしてこちらが160㎞の高低図である。

 まさに“We wouldn’t want it to be easy - 難しいからこそやりがいがある”、“Not for the weak!- 強者たれ!” (意訳:otsubell)そんなレースである。そして、このレースに参加できるのは全世界で125人のみ。出走権は走力も経験も関係なく、抽選で決まる。2018年の当選倍率は4倍ほどだ。

 わたしは、エントリー時点で人生最長走行距離が63㎞ 最長行動時間が13時間。両方とも奥三河という71㎞のレースに出走した時、完走できずにあえなく途中で制限時間を迎えた時の記録である。それにさらに100㎞と、23時間の行動時間がプラスされる。そんな走行距離160㎞、制限時間36時間のレースに、何のめぐりあわせなのか、はたまた神のいたずらなのか。わたしは出走権を獲得してしまったのである。

 出走権獲得を知ったのが、先のメールである。HURTに毎年のように出ている「トモさん」からのメールだった。チームの仲間にそそのかされてエントリーしていたものの、当選倍率が9倍と嘘の触れ込みを信じていたため、「どうせ当たらないだろ」と思っていたわたしは、ハワイで行われたレース出走権抽選会(時差の関係で日本では早朝)の様子に一喜一憂することはまるでなく、スヤスヤと眠りについていた。そんなわたしの眠りを遮るように軽快なメールは届いた。

「HURTおめでとう!」

 眠い目をこすり、メール通知のボックスに踊る文字を見て、悟った。当たってしまったのだ、と。震えた。震えてから少し笑った。そしてそっと携帯を閉じた。(厳密にはiPhoneなので裏返した)…やばい、まじで当たってしまった。

 そう、この時点でわたしのトレイルランニングの経験も走力も中の下くらい。60㎞以上走ったこともないし、日常のランニングはいつまでたっても好きになれないポンコツランナーだった。そもそも「いつかはぜったい100マイラーになるぞ!」という志すら持っておらず、50~70㎞位のレースが楽しく走れれば満足だと思っていた。ていうか50~70㎞位のレースが楽しく走れる時点で、3年前に「ランニング? え、全く興味ないです。辛いし」と鼻くそほじくってた自分に比べたら十分すぎるくらいすごいことだ。

 100マイルを走る準備なんて精神的にも肉体的にも、これっぽっちもできていない。そして、100マイルという距離が異次元過ぎて、これからいったい何を準備したらいいのかさえ皆目見当もつかない。そんなわたしがいったいどうやってこのHURTという数あるアメリカのレースの中でも難易度が高いと言われているレースを乗り切ればいいのだろうか。考えてもわかるわけがないので、とりあえずわたしは、すべての思考回路を止めて目を閉じるのであった。(二度寝)

1 2 3
 
 
ライター
otsubell

コロンビアスポーツウェアのウィメンズアパレル担当MD。トレラン、ハイク、スノーボードと年間通してアウトドアを貪欲に楽しむ通称「山貧女」主食は餃子。HURT100に当選してから綴り始めたブログROAD TO XXXが好評。Instagramは(OTO@Otsubell)

line_box_foot