line_box_head

サロモンから、アルパインランニング用シューズ「S-LAB XA ALPINE」登場

(2016.09.04)

道具のTOP

icon

 サロモンから、高山帯でのランニングにフォーカスした「S-LAB XA ALPINE」(エスラブ XA アルパイン)が登場します。

 標高の高いエリアでの土や泥道、雪渓、岩場といった良好ではないコンディションに対応するため、グリップ力や防水性などを高めているのが特徴。想定するステージはこんな、ため息が出るようなアルパインエリアです。


  • 見た目にも防水性の高そうなデザインは安心感たっぷり。足首にもよくなじんで、深いな小石の侵入なども効果的に防止してくれます。写真を見るとハイカットモデルかと思ってしまいますが、アッパー部分は防水ゲイターです

  • その防水ゲイターのファスナーを開けるとこの通り、ローカットのトレランシューズが顔を出します。ベースになっているのはサロモンのトレイルランニングシューズの中でも最軽量の「S-LAB SENSE 5 ULTRA」です

 デザイン上でも大きな特徴となっている防水ゲイターをはじめ、ソールにはカーボンシャーシを採用。これによってパワー伝達効率を高めており、急坂での上り下りに強くなっています。また、岩場での突き上げ感も低減させました。

 加えて泥ねい地でのグリップ性や、荒れ地を走ることに対する耐久性なども追求。長時間のアクティビティにも対応するため、片足345gという軽さを実現していることにも注目です。

 もちろんアルパインエリアでのランニングには最適なんですが、このスペックを見ているとスピードハイクにも向いているんじゃないかと思いますよ。軽くて水や泥に強くて、足首の上までしっかりカバー。もしかして、ロングトレイルをある程度軽い荷物でサクサク歩くようなシーンには、けっこうイケるんじゃないの?と夢想しつつのご案内です。

 ちなみに、限られたモデルにはなりますが、クランポンの装着も可能だとか。どうやら思っている以上にハードな状況を想定したシューズのようです。そのポテンシャルが気になりますね。

 

■「S-LAB XA ALPINE」(エスラブ XA アルパイン)
価格:40,000円(税別)
重量:345g(メンズ 27cm片足)
サイズ:23.0-29.0 ユニセックス
アッパー:リップストップナイロン/プロテクティブ シンセティック トゥーキャップ/プロティティブ アンクル パッド/通気性の高い防水ゲイター/ENDOFIT™/SENSIFIT™/QUICKLACE™
ソール:クライミングゾーン/プレミアム ウェット トラクション CONTAGRIP®
シャシー:カーボン シャシー
ミッドソール:DUAL DENSITY COMPRESSED EVA
ソックライナー:モールデッド EVA
ソール:22mm/16mm(6mmドロップ)
適応温度:-4℃〜25℃

 

詳しくはこちらまで
サロモン HP
www.salomon.co.jp

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot