line_box_head

台風の爪痕が残る長野県でボランティア活動を実施。「アウトドア義援隊」が援助金を受け付けています

(2019.10.29)

アウトドアのTOP

icon

 みなさんは「アウトドア義援隊」の存在をご存知でしょうか?

 アウトドア義援隊とは、1995年1月に発生した阪神淡路大震災で、大阪に本社を置くアウトドアブランド「モンベル」代表の辰野勇氏がアウトドア関連の企業や団体に呼びかけて組織したボランティア集団のことです。

 東日本大震災の発生時にも組織され、多くのボランティアの協力のもと、独自のネットワークを生かし個人や企業から寄せられた救援物資約300トンを被災地に届けました。また熊本地震や昨年7月の豪雨の際にも活動したことで知られています。

 このアウトドア義援隊が、先の台風19号によって甚大な被害がもたらされた長野県各地で、10月16日からおもに浸水した家屋の泥出し作業や片づけなどのボランティア活動を行いました。 モンベル社員も入れ替わり現地に足を運び作業に参加。辰野さんも時間が許す限り現地入りされているそう(写真右)。
 これにともない、モンベルは現在ボランティアの活動資金や被災地への義援金として、広く一般から援助金を受け付けています。10月27日にはモンベル代表辰野氏より長野県に600万円の義援金が届けられました。

 台風の進路によってはいつどこで私たちも同じ境遇にあうか分かりません。何か手伝いたいけれど現地に行けない……という方は援助金という形でぜひサポートしてみてください。

 義援金の受付は、❶口座振込 ❷店頭受付 ❸モンベルクラブ会員ポイント寄付 の3つ。

 ❶口座振込
 振込先:三菱UFJ銀行 信濃橋支店
 口座番号:普通預金 3963129
 口座名義:アウトドアギエンタイ ダイヒョウ タツノイサム

 ❷店頭受付と❸モンベルクラブ会員ポイント寄付はここからご確認ください。

 なお「アウトドア義援隊」の最新活動情報は義援隊Facebookでご覧いただけます。現在はボランティアの受け付けはしていませんが、今後また募集する際は、モンベルのWebサイトやSNSを通じて告知するそうです。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot