line_box_head

「ラナコスタ」 〜プロ登山家・竹内洋岳さんプロデュースの映像プロジェクトがスタート〜

(2013.11.30)

登山のTOP

icon

画像01
画像02

2013年11月29日には、都内では「ラナコスタ」誕生のプレスカンファレンスが開かれました。プロ登山家が、切り開く新しい映像配信の世界。「僕の、新しい夢が今この瞬間に始まりました」(竹内)

画像03

「ラナコスタ」の記念すべき第1作を制作したチームの中から、花谷泰広さん(左)、今井健司さん(中)、関口雅樹さん(右)が登壇

画像04

しきりに「プロが活躍できる場を作りたい」と情熱的に繰り返した、竹内洋岳さん

 2012年、日本人初の8000m峰14座完全登頂を成し遂げたプロ登山家・竹内洋岳(たけうちひろたか)さんが新たなプロジェクトをスタートさせた。その名も「ラナコスタ」

 「RADICAL NATURING CONTENTS STATION」を略したもので、大自然と向き合うプロが見せる最高のパフォーマンスを、最高の映像家たちが形に残し、その映像を配信していくというものだ。

RADICAL NATURING CONTENTS STATION
http://ranacosta.net/

 このプロジェクトの目的はプロの活躍の場を作ること。映像を素材として、あるいはできあがったムービーを一つの作品としてビジネスベースに乗せることで、次の活動のステージの資金にする。同時に、その映像を見る人たちにプロアスリートという生き方を提示し、心を刺激する意味もある。

 その第1作が本日2013年11月30日 午前0時に公開された。
記念すべきファーストムービーのタイトルは

The Real Climbing

 

 「ラナコスタ」ではあくまでも竹内さんが「この人と一緒に仕事をしたい」という人に声をかけることで成立する。その最初の作品にフィーチャーされているのは2013年に第21回ピオレドールを受賞した花谷泰広(はなたにやすひろ)さん。「登りたいところを、登りたいパートナーと一緒に登ってくれ。好きにやっていい。ただし、最高のパフォーマンスを見せてほしい」(竹内)

 こういって誘われた花谷さんがパートナーに選んだのは今井健司(いまいけんし)さん。さらに映像担当はふだんスキーやスノーボードの撮影を主に手がける夷 フィルムスの関口雅樹(せきぐちまさき 通称ケニア)さんという異色の顔合わせも叶った。

 花谷さんが選んだ場所は、北穂高の「滝谷」。“鳥も通わぬ谷”と言われる厳しい地形にいどみ、その様子をつぶさに撮影して作品に仕上げた。
鳥も通わぬ谷」(ラナコスタより)

 竹内さんによれば、今回の映像のコンセプトは、「日本のアルパインクライミングのプロモーションビデオ」だそうだ。「ハウトゥでもなく、山岳紀行の案内でもない。日本のアルパインクライミングの素晴らしさを知ってもらう。そして、いずれ自分もこの世界に入りたいと思ってもらえるように」とのこと。こうして、そのコンセプトを十分すぎるほどに達成した上質の作品が、ネット上で公開されることとなった。

 プロクライマー達の美しい身体の運び、厳しくも美しい岩肌、そしてそれらを細か屋に捉え作品にしていく愛情。すべてが詰め込まれて、今、ラナコスタが動き始めた。

「The Real Climbing」

RADICAL NATURING CONTENTS STATION
http://ranacosta.net/

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot