line_box_head

Y字に開くバックパックは荷物の取り出しが便利です!『ミステリーランチ クーリー40』

(2017.11.14)

道具のTOP

icon

 ミステリーランチの前身デイナデザインが好きで、バックパックを複数所有していた。デイナデザインのバックパックは、ショルダーやウェストハーネスにサイズがあり、しかも微調整が可能だった。こだわり出すとトコトン体にフィットさせることができた。しかし……、微調整する人はほんの一部で、ほとんどのユーザーは適当に使っていた事に気付いたオーナーが、微調整ができる機構を大幅に省略し、ハンターや軍人などタフに使いたい人向けに新たに起こしたブランドがミステリーランチだ。

 登場した時から気になっていたが、体の小さなボクにはタフ過ぎて、荷物に振られてしまい馴染めなかったが、2013年から登山者に向けた『マウンテンライン』は、振られることがなくなり、かなり使えるモデルになってきた。そして今年2017年にやっとベストな物が出てきたと思ったのがこのクーリーシリーズだ。写真は大きめの40リットルモデル。日帰りに使いやすそうな25リットルモデルもあり。

 大きく変わったのがY字に開く3ジップ搭載モデルなのに、前面の大きなメッシュポケットがあること。これで濡れたレインウェアや、すぐに取り出したい荷物や入れ忘れた荷物などを簡単に収納することができる。今までの3ジップモデルは外ポケットがほとんどなかった。サイドメッシュポケットは、上からトレッキングポールなどの長物を刺すことも可能だ。

 ショルダーハーネスも薄く幅広のモノに変更されている。肩のスタビライザーは残っているので調整が必要、引きすぎると頭の動きを制限し、引かないと荷物が振られる。以前はこのような調整が腰にもあったが、ウエストのスタビライザーは省略し、ウエストベルトを引くだけでスタビライザー効果がでるようになっている。

 やっぱりY字に開く3ジップは便利だ! メイン気室がフルに開き、一度使い始めるとやめられない。下に入れた荷物も簡単に引っ張り出すことができるので、几帳面なパッキングも不要だ。ボクは防寒着は黄色、雨具は青色、緊急用品は赤色、着替えは黒色、食料は緑色と、色で荷物を分けて入れている。

 日帰り登山で一番散らばる食事時でも、クッカーや食料、休憩時の防寒着などを直接取り出すことができる。

 ついついお店を広げてしまう人や、忘れ物が多い人、面倒くさがり屋には最適なバックパックかも知れない。入れたかどうかの確認も楽だ!

 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot