line_box_head

そうだ、香港へ行こう。アジアのトレイルにチャレンジしてみよう!

(2016.12.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアのTOP

icon

画像

これが香港?と思ってしまうナイスビュー。「アジアの混沌」からわずかの時間で、この絶景が楽しめる。

画像02

中国香港世界地質公園にある六角形の石柱。世界でも珍しいという。

画像03

波茄(ロンケ)のロングビーチ。マクリホース・トレイルのハイキングツアーでは、ここまで歩いていく。

 アキママで今年4月に公開されたホーボージュンさんの香港旅。「あの香港にトレイルなんてあったの?」と記事でトレイルのことを初めて知った方も多かったと思います。

 この記事をきっかけにしたわけではないのでしょうが、香港政府観光局が、この11月から「グレート・アウトドア香港」を開催。そのひとつとして、マクリホース・トレイルのハイキング・ツアーが実施されています。

 マクリホース・トレイルとは、香港の東部にある西貢(サイクン)の北潭涌(パクタムチュン)を起点とした全長100キロにも及ぶハイキングコース。あのアメリカのエコロジーマガジン『ナショナルジオグラフィック』が選ぶ「世界のベストハイキングコース・夢のトレイルベスト20」のひとつにマクリホース・トレイルが選ばれたことに受け、今回のキャンペーンが実施されることになったといいます。日本から行く旅行者でも気軽に参加できるようにと、ツアー代は80香港ドル(約1000円)。かなりお手頃なプライスで設定されています。マクリホース・トレイル以外にも、いつかのハイキングツアーやサイクリングコースも用意されています。

「今回僕は6日間の休みとLCC(バニラエアー)の格安チケットを利用してやって来た。航空券は片道たった1万5000円。フライト時間は4時間50分。ほんの少しがんばれば誰でもこんな自由で壮大な歩き旅が楽しめるのだ」と香港の旅を結んだホーボージュンさん。ジュンさんのような本格トレイルの旅はまだ難しいという方も、このガイドツアーなら気軽に参加可能ですよ。

マリクホース・トレイル 北潭涌(パクタムチュン)から波茄(ロンケ) 
所用時間:3時間
難易度:中級
開催日:2016年11月~2017年3月の指定の土曜日および日曜日
旅費:一人につき80香港ドル
他にも初級向けの「ピークからボクフーラム」や上級向けの「ドラゴンズ・パック」「タイタムカントリーパーク」などのハイキングコース、サイクリングツアーなども設定されています。
グレート・アウトドア香港公式サイト

香港のハイキングコースやサイクリングコースを紹介する「グレート・アウトドア香港 – 香港ハイキング&サイクリングガイド-」が香港政府観光局から発行された。60ページ以上のこのガイドはこちらでダウンロードが可能。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アキママをフォローする

SNSで最新のNEWSをお届けします

  • Twitterをフォローする
ライター
akimama
line_box_foot