• 料理

コールスローを炒める?「ものぐさ男の山ごはん69」は冬の始まりを感じる超時短あったか麺

2021.11.12 Fri

A-suke

A-suke BASE CAMP 店長

みなさん、こんにちは。「BASE CAMP」のA-sukeです。
ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 もう11月になっちゃいました。気持ちのいい山歩きができていますでしょうか? エリアによってはもう雪もチラホラ。秋は短く冬の足音が聞こえ始めてますね。

 さて、今回作るのはそんな時期にピッタリで簡単なレシピ「味噌バターキャベツコーンラーメン」。

 使う食材はコチラ。
 使うのはサッポロ一番みそラーメンとコールスローサラダ。

 コールスローサラダは液漏れのないパック形状でサイズと値段が使いやすいのです。今回もただ合体させるだけっちゃだけなんですが少しだけコツがあります。

 では早速作り方。
 まずは鍋(フライパンですが)にコーンスローをあけます。
 
 で、そのまま火をつけて中火で炒めます。
 ここで酸味を飛ばします。っていうのが最大の山場(笑)。

 温まったら十分。少し焦がして香ばしくしてもおいしいです。で、ここに水を注ぐのですが……。
 水を一度コールスローのパックに入れて、箸などで洗うようにしてから鍋に入れると帰りのゴミがよりクリーンな状態で持ち帰れます。大体1杯半くらいの水を入れて沸かしましょう。
 あとは麵を入れて茹でます。
 少し煮込んだら粉末みそスープを入れてかき混ぜたら完成……。

 ではない!
 コイツの登場。バター。コレがあるだけで味が激変するマストアイテム。まぁ、載せるだけだけど。
 で、バター載せたら完成。

 キャベツとコーンのシャキシャキがおいしい。炒めたこともあってコーンスローらしい酸味はそんなに感じないでおいしく食べられます。むしろコーンスローのおかげで味噌がクリーミーになってまろやかになります。

 キャベツのカットサイズがちょどいいサイズで、コーンの量も思った以上に多い。写真だとコーンが少ないんですが、ほとんど下に沈んでいただけで(笑)味噌バターラーメンらしいコーンの量です。

 まぁ、たまに混ざるキュウリがラーメンに合うとはいいがたいんですが、味が悪いわけではありません。怖がらずにトライしてみて下さい(笑)。

 では来月もお楽しみに!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)


【ものぐさ男の山ごはん】すべての記事はこちら

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント