line_box_head

ネーミングライツ売却に揺れる鎌倉・由比ケ浜海水浴場2013海の家カタログ

(2013.07.22)

カルチャーのTOP

icon

yuigahama

鎌倉花火大会が行なわれる由比ケ浜海水浴場。昔は砂浜が海岸線まで200m近くあったというが今では砂浜もだいぶ後退し、海の家の目前まで波が来ることも

uminoie1

左上から時計回りで ①asia  ②由比ヶ浜ビーチ カフェ&ダイナー ③avex beach paradise ④SEACRET BOX BY OTODAMA with キリン カリブーン

uminoie2

⑤PREMIUM WATER YUIGAHAMA BEACH RESORT ⑥Norton KIZUNA Beach House ⑦MEVIUS BLUE WINDY LOUNGE  ⑧海の家 とき

uminoie 3

⑨FOX Beach House ⑩ ESPRIT BEACH 由比ヶ浜 ⑪THE BEACH - AZUL by moussy  ⑫リトルタイランド

uminoie4

⑬tv asahi 海の家 ⑭ZION ⑮BBQシスウェーブ パワーステーション ⑯sbarro 鎌倉Beach Resort

 神奈川県鎌倉市にある由比ケ浜海水浴場は、7月6日に海開きとなり、週末ともなれば、都市近郊から多くの海水浴客でにぎわいを見せています。また、明日には鎌倉花火大会も予定されており、訪れる予定の人も多いのではないでしょうか。

 その由比ガ浜海水浴ですが、今年5月、鎌倉市が、おみやげで有名な鳩サブレーで知られるお菓子の老舗「豊島屋」に年間1200万円の10年間契約で同海水浴場のネーミングライツを売却しました。しかし、そこは地元に愛される老舗の企業です。どこぞの薄っぺらな企業のように、いたずらに企業名や製品名をつけるのではなく、市民に愛されるような名前を広く公募するということで、来年から新名称がつけられるようです。なので、今年はまだ「由比ケ浜海水浴場」のママ。さてさて、どんな名前になるのか楽しみです。

 そもそも海水浴という文化は日本にはなく、明治のころより、大磯や鎌倉に別荘を構えたセレブな人々が、最初は保養のために海に入って遊んでいたのが、海水浴というレジャーの始まりでした。そういう意味では、由比ケ浜は、日本でも由緒ある海水浴場と言えるでしょう。そのころは、ビーチには今のような海の家などはなく、よしず張りの囲いがある程度で、その後、海水浴がレジャーとして大衆にも親しまれるようになると、浜茶屋のような海の家が軒をつらねるようになったといいます。最盛期には由比ケ浜でも200軒以上の海の家が並んだと言いますから、その賑わいぶりがうかがい知れます。

 最近では、大手企業やメディアなどとタイアップをした派手な海の家も多く、まるで外国のビーチにいるかのようなシャレオツなカフェやバー、さらにはライブハウスやBBQガーデンなど、少し前までの昭和な海の家ともまた違ったたたずまいを見せています。メニューもラーメンに焼きそば、フランクフルトといったラインナップからアジア料理やハワイ料理、ピザやタコスなどメニューも豊富で、日没後も夜ふけまで営業している店も少なくありません。

 ネーミングライツの売却はもとより、海の家の様変わりなど、海水浴場も時代とともに変わっていくもののようです。

 でも、なんか⑧の「海の家 とき」といい、こういう、↓なつかしい、昔ながらの海の家の方が落ち着くんですよね。ヤッパリ、ラーメンにかき氷ですよ!

⑰「東亭パパイヤ」

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot