line_box_head

【海外】何もないジャングルで頑丈なものを作ろうと思うのでカタツムリの殻集めから始めます、という気の長いお話

(2018.03.27)

カルチャーのTOP

icon

 タイトルに「lime」とあったので今回は果物でも集めるのかと思ったら、全然違いました。

 おなじみ、ジャングルにあるものだけで生活する実験を配信する「primitive technology(プリミティブ・テクノロジー)」氏ですが、すでにジャングルの物資で文明を築き上げるというレベルに至っています。

 今回の「lime(ライム)」とは石灰のこと。ええ、柑橘類のライムとスペルも発音もおなじですが、意味は違うんですね。その石灰を、氏はカタツムリの殻から作り出そうというお話です。たしかにカタツムリの殻はカルシウムたっぷりで石灰にも近いかもしれません。でもどうやって? そのあたりは徐々に解き明かされていきます。

 それでも今回のチャレンジが終わったところで、部品が一個できただけ。最終的なものを作り上げるのに、いったいカタツムリの殻は何個必要なんでしょうか? ってところに執着していないのが、primitive technology氏のいいところ。これは森にあるものだけを使って、どこまで文明的なものを作り上げることができるか、という実験なのです。作り上げることではなく、その過程にこそ意味があるってもんです。

 それにしても、氏のこつこつと作業を続けるパワーには毎回感心させられます。嬉しいことに今回は日本語字幕付き。おなじみの設定から字幕オン、言語は日本語を選んでください。字幕はたまにしか出ないことがあるので、最初は何も起こらないと思っちゃうかもしれません。そこはprimitive technology氏を見習って、気長にお楽しみください。

■Primitive Technology: Lime

(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot