line_box_head

<帰ってきたさかいやスポーツ>軽い、早い、美味い! すごい携帯食「ウルトラランチ ビバークレーション」

(2018.09.13)

ごはんのTOP

icon

1年の時を経て、Akimamaにあの男が帰還!
東京・神田に店を構えて60年。
多様なブランド展開と取り扱い数に定評のある
「さかいやスポーツ」の高橋典孝さんのお気に入りは
近頃話題のあのレーションでした。

 最近の僕の山食は基本「米炊き」から始まるんだけど、トレラントリップや、極めてUL装備なファストパッキングの時にはお湯で戻すだけの乾燥食品を使うことがある。

 乾燥食品ではずっとアルファ米を食べていたのだが、多くのメーカーから様々な味がリリースされており、とっても美味しいその反面、なんとなく化学的な味と食べたあとの胃のもたれ感(疲れ?)が苦手だった(あくまで個人的な、超個人的な感想ですよ!)。

 そんなことを思っていたある日、とっても気になるフレーズの携帯食を目が目に留まった。

「お肉や魚はもちろん乳製品、卵も含まない vegan(完全菜食)仕様」

 僕もトレイルランナーの端くれ。少しは食事も気にしている。だからvegan食を食べた後の気持ちの良さ、身体のラクさ具合は知っている。

 でも、エネルギー的には抑えられた、お腹まわりにお優しいものなんでしょう? なんて思って調べてみると、なんと1食400kcalオーバー!! おまけに熱湯2分ででき上がる!? すごいじゃん!!

 そう、これが噂の「ウルトラランチ ビバークレーション」だ。
「トマトキック」、「ホッター・ザン・カレー」、「ポルチーニクリーム」、 「海苔茶漬け」の4タイプを展開。さかいやスポーツの店頭では4味ワンセットを販売中。 
1食分は約80g。これを専用カップ(という名のジップロックの容器)にあけて、熱湯200mlを注ぐ。 
練れば練るほど、色が変わって……ってほどは混ぜなくて大丈夫。さっくり混ぜてお湯となじませる。
テーテッテレー! 2分待ったら完成。チキンラーメンの生みの親、安藤百福もびっくりのスピード調理だ。 

 実際に食べてみると、そのしっかりとした味付けと満腹中枢に訴えかける腹持ちに大満足! そしてなにより、しみじみ美味しいのだ。

 難を言えば、お肉や玉子なんかが入っている時のガツンとした感じはない。けれども自身が完全菜食主義者でなければ、好みに合わせて肉などをちょい足しすればいいのだ。ベースとなる部分がvegan(完全菜食)仕様だから、多少の足し物をしても身体にはいいはずだ。きっと。

 僕は今ではもうこの「ビバークレーション」の虜になっている。味、カロリー、携帯性も気に入っているが、いちばんの魅力は食べ疲れしないことだ。
 
 例えばファストパッキングの途中。例えばトレランで山に入る前。例えばクライミングのお供に。普段のランチでも。食べた後に内蔵の負担がすくなくしっかりと動ける。それでいて身体にしっかり400kcal分のエネルギーを補充した実感がある。

 それになんとなく意識が高くなるから、私生活でも摂取するものや衛生的なトレーニングをなんとなく意識するようになる(このできる男感! 笑)。

こんな最高のものないじゃん!! ということで、僕の乾燥食材ベスト現在一位は「ウルトラランチ ビバークレーション!!」です。

ただいまさかいやでは4食セット1800円(税抜き)で販売中。やっぱりいいですよね、山メシ!

ウルトラランチ
ビバークレーション
https://ultralunch.net/

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot