line_box_head

【おいしい】名物は鰹のタタキだけじゃない。高知県でキャンプをするなら、ご当地食材がヤバイ!!

(2016.09.27)

ごはんのTOP

icon


 個性的な四県が集まった四国ですが、こと「食」に関しては高知県が一歩リード。というわけで、たとえば四万十川など高知の大自然でキャンプをするなら、地元民御用達のスーパーマーケットでの食材調達を強くお勧めします。ここではそのほんの一例、「地元ではふつう、旅人には非日常」な食材を紹介していきましょう。

 

サバの姿寿司

 とくにおもしろいのがスーパーの鮮魚部。ウツボのタタキやチャンバラ貝(正式名称マガキガイ)など他県民には謎の魚介が並ぶなか、横綱級の存在感なのがサバをまるごと1匹使った尾頭付きの姿寿司(画像のような少量パックもありだがからご安心を)。柚子酢の酢飯がさわやかだ。炭火であぶるとさらにおいしくなるので、高知キャンプ食の王様であろう。
 

田舎寿司

 寿司ネタがなんと、ミョウガやタケノコといった野菜! この画像では魚ネタも入っているが、オール野菜という精進寿司もふつうに販売している。こちらも柚子酢が効いておいしい。「柚子酢強め」が高知のテロワールですな。

   

田舎豆腐

 この堅さを見よ! 大豆の風味が生きていて、食べ応えも満点。

  

コンニャク

 山間部のスーパーや産直、道の駅で出会える手づくりコンニャク。食感はプリプリで、刺身でもいけます。これはキビ入り。

   

大丸

 某有名百貨店のような名前のこれ、練り物の一種で、購入時には棒状。それを輪切りにすると、あれまあ華やか。しかしなんで、高知人はゆで卵を入れようと思ったのか? でも、旨いから許しちゃうのだ。

   

芋天


 芋を食ってるのか衣を食ってるのかわからぬ代物。田舎へ行くほどデカく、衣も厚くなる傾向がある。「芋のフリッター」と言ったほうが正確だと思うが……。

     

★他にも「甘い赤飯」「カメノテ」「和菓子コーナーではなく、総菜売り場に羊羹」など、いろんな〈高知県なにこれ食材〉に出会える県内の地場スーパーマーケットはココ。

・チェーン店……『サンシャイン』『サンプラザ』『サニーマート』
・吉野川上流域(大豊、本山町)……『末広ショッピングセンター』

 
 
ライター
大村嘉正

四国の瀬戸内海暮らし。仕事は自然・旅系ライター&フォトグラファーで、生きかたはバックパッカーでリバーランナー。著書はラフティングガイドたちの1年を追った『彼らの激流』(築地書館)。

line_box_foot