line_box_head

フォトグラファー・ヨシダナギさん、A&Fカントリーでアフリカ旅支度

(2018.08.08)

アウトドアのTOP

icon

 アフリカの少数民族を追いかけるフォトグラファーとして注目を集めるヨシダナギさん。

 初めてアフリカに渡ったのが2009年。以来、訪れた国は16カ国。アシスタントもつけず、現地ガイドとふたり、アフリカの僻地まで少数民族を探してぐいぐいと旅し、少数民族と同じ格好になって撮影をするヨシダさんだから、明るく物怖じしない、猛者がやってくるのかと思いきや、落ち着いた口調の静かな女性ではありませんか。

 そして、「私、人見知りですし、全然旅慣れてないんですよ」とはにかむ。2週間前にアマゾンから帰ったばかり、今年の12月にもまたアフリカへ行くというヨシダさんに、A&Fカントリーで旅に必要なアイテムを実際にお買い物してもらった。

お買い物をしてもらったのは、A&Fカントリー 渋谷ヒカリエShinQs店。便利な立地、アイテムの豊富さ、アウトドア旅の駆け込み寺として、われわれAkimamaスタッフもお世話になっております。

 


 

アフリカ旅の支度に必要なものとは?

 A&Fカントリー渋谷ヒカリエShinQs店は渋谷駅直結ヒカリエの4階、という立地。テントやイス、調理道具、アウトドアウェア、キャンプに快適なアイテムが充実していて、今のシーズンは野外フェスに必要なものを探しにくる方が多いとか。

 スタッフの山口 彩さんに案内してもらいながら、さっそくお買い物スタート。まずは、ヨシダさんが気になっている、というテントから。

「ホテルに泊まるんですがだんだんなくなってくるので、最後はテント泊なんです。スーツケースをテーブル替わりにして作業しないといけないから、テントは大きい方がいいなあ」

 エイアンドエフの看板商品でもある、ヒルバーグ(HILLEBERG)のテントを見るヨシダさんと山口さん。スウェーデン生まれのヒルバーグは、超軽量で強度があり、機能、デザインともにテントの最高峰といってもいい。山口さんとカタログを見ながら、サイズや重量をチェック。
「もう少し大きいほうがいいかなあ」とテントに興味津々。アフリカでは「暑くてなかなか眠れない」という。日中の休憩に木陰にハンモックを張って眠る提案をする山口さん。蚊帳のようなカバーがついたハンモックなら虫問題も解決。
 次に、興味を持っていたのがライト。アフリカの夜は、一寸先も見えないほど真っ暗闇。「頭にランプはつけたくないんですけど、両手はあいていてほしいんです」というヨシダさんにスタッフ山口さんが提案したのは、洋服につけられるタイプのライト。
チェストストラップやパンツのウエスト部に取付可能な、ウルトラスパイア(Ultraspire)のクリップ式ライト。強力マグネットを備えており、車の中などでも重宝。
 「ただ、何かを買ったとしてもアフリカでは人にあげちゃうんですよね」と、マネージャーのキミノさんがぽつり。だから、カメラ機材を入れるバッグもゴミ袋にしている、というほどミニマムな旅支度が常とか。
アフリカではチャコ(Chaco)のサンダルを愛用。「チャコは、足首と指をしっかりホールドして脱げないから履いています」。チャコのコーナーで2足目を物色中。

 そんなヨシダさんの目が輝いたのが、こちら「コクーン(COCOON)」のトラベルシーツ。

「さらっとした肌触りでコンパクトになる寝袋型シーツなんです。寝袋や山小屋でのお布団に使う人が多いんですけど、アフリカでならタオルケットがわりに使っても気持ちいいと思います。虫除け機能がついているものもありますよ」(スタッフ山口さん)

「虫がすごいので、虫除け機能はありがたいです。コットンの肌触りがいいですね。ガイドさんに貸すこともできるから2個買おうかな」(ヨシダさん)

「同じコクーンでタオルもありますよ。吸水力が高いんですが、すぐ乾くんです。かさばりませんし、軽い。サイズもいろいろありますから,登山やキャンプに持っていく方が多いんですよ」(スタッフ山口さん)

「私、寝るとき顔にタオルをばさっとかけて寝たいんです。プライベートな空間がほしいというか、シャットアウトしたいというか。このタオルはいいですね」(ヨシダさん)

 商品知識豊富なスタッフ山口さんの提案もあって、かゆいところに手が届くアイテムと出合えたよう。タオルを干すロープも欲しい、というわけでコクーンのトラベルシーツとタオル、コフランのロープがお買い物かごに入りました。

トラベルシーツを作っているオーストリアのコクーン。コンパクトになるタオルや枕も人気。不衛生な場所や山小屋の布団が気になる人は「マイ・コクーン」があると安心。「あ、これ、使ってます!」と手に取ったのが“ヒル下がりのジョニー”。自然界で生分解される材料だけで製造したヒルよけスプレー。「本来は服や靴にふるもので肌についてはいけないんですが、あまりにもヒルが多い場所だと直接腕に塗ってしまいます」。……ヒル攻めを想像するだけで絶句。「虫はもちろんヒルやダニだけでない。羽虫も多く、「ロケがないときはこれを被ろうかな(笑)」。コフランのヘッドネットを手ににやり。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot