line_box_head

定番アウトドアグッズがオシャレ度マシマシ。この春「LIGHT SEASONING」から目が離せない

(2017.02.02)

ファッションのTOP

icon

 アウトドアリサーチやカブー、ヒルバーグ、ペンドルトン、ロッジ、バスクなどなど、アウトドア好きであればひとつやふたつ耳にしたことがある有名ブランドを多数取り扱うのが、輸入代理店「エイアンドエフ」。

 取り扱いブランドは軽く70以上あり、毎年発行される総合カタログはいまや321ページという特大ボリューム。さらには今年で創業40周年という、まさにアウトドア業界を長きにわたって支えてきた企業といっても過言ではありません。

 という前置きはさておき!
 今回は一にも二にも「この春、めちゃめちゃオシャレなアイテムが一挙リリースされますよ!」というニュースです。

 チラ見せすると、こんな感じ。

 It's so cool!!

 この2ブランドですでにお気付きの方もおられると思いますが、最初のイスは「ブルーリッジチェアワークス」。米国ノースカロライナ西部で「心地よい、革新的、持ち運びやすい、耐久性の高い」を製作のテーマに、高品質の木工商品を作り続けているブランド。

 ふたつめのボトルは、安全で手入れしやすく、飲み物を新鮮でおいしく保つステンレス製ウォーターボトルのブランド「クリーンカンティーン」ですね。

 でも、こんなデザインあったっけ? ほら、もっと赤や青が入ったアウトドアらしい色合いのものが多かったような……。

 そうそう、こんなふうに。
 じつはこのモノトーンデザインのラインアップは、エイアンドエフの「LIGHT SEASONING」という新しい企画から生まれたアイテムなんです。

「ライトシーズニング=軽い味付け」をコンセプトに、エイアンドエフの取り扱いブランドのプロダクトから、素材も機能も損なうことなくより軽量な素材を使用したというシリーズ。展開のカラーも従来の無骨なイメージのものではなく、軽やかさやクリーンさを中心に展開。日常で気軽に使えるようなデザインを採用したコレクションです。

 であるからして、これが
 LIGHT SEASONINGの味付けをされて
 こう!

 そしてこうなる!……というわけです。

 上はトラベルギアやアドベンチャーギアを提案するバッグのブランド「イーグルクリーク」。下はキャンプの定番中の定番、ドライバックやソフトクーラーのブランド「シアトルスポーツ」ですね。

 ほか、軽量で高強度のチェアで知られる「ヘリノックス」はこうなり、
 プレミアムテントブランドの「カーカムス」は、生成りに近い色合いのスペシャルモデルがこうなる……と。
 どれもミニマルデザインが返って目を引くオシャレ度ですね。

「欲しい!」と思う方、まだじつは店頭には並んでいないんです!

 春〜夏にかけてエイアンドエフ直営店を中心に販売されるそうですが、すでに情報を入手した方からの反響が大きく発売と同時に即売り切れという事態にならないとも限りません。

 発売開始はエイアンドエフ公式サイトの「ニュース」で発表されるそうなので、気になる方はこまめなチェックをオススメします。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot