line_box_head

【海外】たった3つで快適に。テントサイトで役立つ結び方を、短く、わかりやすくお伝えします

(2018.05.22)

カルチャーのTOP

icon

キャンプサイトでテントをシワなくピンと張ったり、ここ!と思う位置にタープをセットしたりできたら素敵ですよね。そんな時に役立つガイライン(張り縄)の結び方をおさらいしておきましょう。

 先生は先週もご紹介したシエラデザインズ(SierraDesigns Gear)のアンドリュー・スクルカ(Andrew Skurka)さん。今回は
 1)ボウラインノット(もやい結び)
 2)マッカーシーヒッチ
 3)トラッカーズヒッチ
の3つを教えてくれます。

 こうした結び方は「どういう状況で何を目的にするのか」が明確でないと身につきにくいもの。アンドリューさんはシンプルに「ガイラインをフライシートに繋いで、ペグまでの距離を自由に調整しながら効率よく結ぶ」ことを例にしています。動画では6:01〜6:38あたりの流れが参考になると思います。

 これらの結び方はベーシックなものだけに、さまざまなシーンに応用可能。Akimamaでもルーフレールにカヤックを積んだときには、トラッカーズヒッチでぎゅうぎゅうに絞り上げています。何度も練習して、手に覚え込ませておきたい結び方ですね。

 動画の音声は英語ですが、いつものように字幕オンの自動翻訳/日本語でどうぞ。

■Guyline system & knots for tents, tarps, & hammocks, with Andrew Skurka

(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot