line_box_head

アウトドアで働く人々インタビュー 小口大介さん 『札幌から原宿、そしてNEXT STAGEへ』

(2016.04.30)

カルチャーのTOP

icon

 人生の半分くらいは、アウトドアでメシを食ってきた。
 アウトドアで働く人たちは、なんだか一本筋が通っていて、気持ちいい。ときにはクセモノも…? そんな、アウトドアズマンたちの仕事を聞いてみるのが本企画。

いい人材がたくさんアウトドア業界にきますように…ナム—。そんな願いも込めてスタートします。


小口大介さん。釣りとスキーは北海道にいたころから。道内にある多くの川に足繁く通っていたという。

 第一回目は、小口大介さん。先日まで、株式会社ゴールドウインにて、プロモーションマネージャー、リテールグループマネージャーとして勤務していた。あのTHE NORTH FACE STANDARDの仕掛け人でもある。一般ユーザーとは、あまり顔を合わせる機会はないかもしれないが、昨今盛り上がっているアウトドア人気の火付け役のひとりだ。

 次々に新業態をプロデュースしてきた小口さんが、いま、新たな道を歩もうとしている。原宿に同ブランドの店が何軒も並ぶ理由とは?長年抱いている夢とは?故郷・北海道への思いとは?



かたっぱしから履歴書を送るも、全敗…

———会社をお辞めになると聞いて、びっくりしました。THE NORTH FACEといえば、小口さんっていう感じでしたから。

そんなつもりはないけどね、まわりのみんなもびっくりしていた。でも、もともと描いていたストーリーでさ、どうなるかわからないけどね。いつか北海道に戻って、人が気持ち良く過ごせる場所みたいなものを作りたいと思っていて。いよいよ43歳になるし、そろそろ踏みださないと、その夢の実現は絶対無理だから。機運もあるじゃない?世の中的な。あとは直感的な部分もあるかな。

———もともとは、札幌でお店のスタッフをされていたと伺っています。THE NORTH FACEに入ったキッカケはなんだったんですか?

高校卒業して、洋服にたずさわる仕事がしたくて札幌のセレクトショップの面接を受けたんだけど、ぜんぶ落ちちゃったんだよね。それで、仕事がないからパスタ屋さんで働くことになって。そこでは1年間働いたけれど、やっぱり洋服にかかわる仕事、洋服を人に売るってことがしたくてね。ちょうどオープニング間近だったサッポロファクトリー(ショッピングセンター)が、スタッフ募集していて。洋服扱っている店に、かたっぱしから履歴書を送ったんだ。それで、唯一受かったのがTHE NORTH FACEの直営店だったわけ。たまたまなんだ。

———そこで採用されたんですね。ブランド自体はもともとご存じだったのですか?

ブランドの名前は知っていたけど、1993年当時は、一部の山好きが着る年配者のブランドというイメージだった。ただ、ニセコのヒラフで黄色と黒のマウンテンジャケットを着たカップルを見かけたことがあって、「かっこいいな」って思ってた。その頃のスキーウェアは、デモウェアみたいなのが全盛だったから、それがすごく印象に残ってた。

———あくまで洋服で、接客がしたいわけではなかった?

いや、接客がしたかったんだよね。とにかく洋服を媒介して、人とコミュニケーションをとりたいって思ってた。パスタ屋で働いたのも、レストランのホールなら接客できるなと。でも、厨房の人手が足りないから厨房に入ることになってしまって…。それが辞める要因でもあったんだけど。

息子さんを背負ってスキーも楽しむ。スキーは子どものころから長く親しんできたアウトドアスポーツ。


てめえ!俺はそんなの許さない

———THE NORTH FACEのお店で働きはじめて、どうでしたか?

入ったのが19歳のとき。ひらすら商品知識を勉強して、ひたすらお客さんに満足がいく接客がしたいって思ってた。ひたすら、考えていたな。日々をこなしていくうちに、社員になりたい、店長になりたいって気持ちが膨らんでいった。

———すんなり社員にはなれたんですか?

いや、社員にはなれないって、言われていたんだ。おれは当時髪が長くてさ、まぁ…人間もチャランポランだったから…。「そういうヤツはダメだ」って、直属の上司から言われて。結婚なんかも考えていた時期だったから、「社員になれないなら、辞めます!」なんて言ってね。

———若かりし時代ですね。でも、結局辞めなかった。なにかあったのですか?

辞める決心をして、それで世話になった人には自分の口からきちんと言おうと思って、本社に電話したんだよね。当時ブランドのマーチャンダイザーだった渡辺さん(現ゴールドウイン取締役 渡辺貴生氏)には、ちゃんと挨拶しよう!って。渡辺さんは俺を気にかけてくれていたから。そしたら、電話口で渡辺さんが「てめえ、俺はそんなの許さない。いますぐ話してやる!」って言い出した。

またすぐ連絡があって、「もう、お前を社員にするって決めたから、辞めるのナシ!会社が、長髪だとか、そういうのを好んでいないこと、知っているだろう?わかるよな?」と。すぐ坊主にして、あらためて社員にしてくださいと言いに行って、「よし、わかった」みたいなやり取りがあった。21歳だったな。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot