line_box_head

【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.7 金沢トレイルができるまで〜整備が進む第1区間をセクションハイク!

(2018.08.20)

カルチャーのTOP

icon

ひがし茶屋街を参加者全員で歩く。早朝ならではの風景。古い街並みが、とてもうつくしい。
 Akimamaの連載企画「日本のロングトレイルを歩く」の第7弾は、現在開通に向けて整備進行中の金沢トレイルについてレポートします。

金沢といえば、JR金沢駅にあるこの鼓門(つづみもん)。設計は、建築家の白江龍三氏。伝統芸能である能楽・加賀宝生の鼓をイメージしているそうです。

 金沢トレイルとは、その名のとおり北陸の小京都、金沢を拠点にした現在整備中の全長70kmのロングトレイルです。戦国時代、前田利家が城主であった金沢城をスタート地点とし、重要伝統的建造物保存地区のひとつである「ひがし茶屋街」を通り抜け、街から里山に入っていく金沢らしい景観を楽しむことも考慮したルートを設定になっています。

金沢トレイルは、現在も整備中のロングトレイルです。まだ全セクションがオープンしているわけではありません。上記の地図は、今後も含めた予定ルートです。ルートの詳細は、金沢トレイル連携協議会にお問い合わせください。(地図製作=オゾングラフィックス)

 ルートの途中には、キャンプ場や温泉宿街、千本桜の名所もあります。とはいえ、まだ現在整備中のトレイルです。開通予定のルートの各所で、ハイカーのための宿泊所の協力要請や新規でキャンプ場を整備するなどの交渉は、現在も行なわれています。

 このトレイルを一気にスルーハイクするには、通常4泊5日かかる行程になっています。とはいえ、一気に歩くのは、なかなかむずかしい。そこで、トレイルを5つのセクションに分けて、日帰りハイクでつなぎ、踏破する「セクションハイク」もできるコース設定に。

 今回は、5/13(日)に行われた、金沢トレイル主催イベント「金沢トレイル・モニタリング セクションハイク【1区間】金沢城~医王の里」があるということで、取材に行って来ました。区間距離約15.9km、7時間程度となかなかの内容です。

 イベントの集合場所は、金沢城石川門。参加者やスタッフ含め、20名ほどが集合しました。この日の天気は、あいにくの雨。事前の天気予報では、昼過ぎから雨が降る予報でしたが、すでにスタート時点から降り出してしまいました。

 出発前に、金沢トレイル連携協議会理事長の河崎仁志さん(森林組合 組合委員)からイベントの行程や雨天時の判断などについて説明があり、つづいて会長の佐川哲也さん(金沢大学教授)から、参加者に向けての挨拶がありました。そして、今回のスペシャルゲスト! フリーの編集者であり、小冊子『mürren』編集・発行人である若菜晃子さんのご紹介も。

(左上)金沢トレイル連携協議会理事長 河崎仁志さん、(右上)会長の佐川哲也さん(金沢大学教授)、(左下)金沢トレイルのイベントを支える有志のみなさん。(右下)フリー編集者であり、小冊子『mürren』編集・発行人の若菜晃子さん。この企画の前日に、市内の古書店「あうん堂本舗」主催のトークショーがあり、そのままこのセクションハイクのイベントに参加してもらうことになったとか。前日のトークショーに参加された人も数名、このイベントに参加しているとのこと。

 残念ながら、雨はじょじょに強くなっていましたが、全員がレインウェアを着込んで、出発準備は万端です! 参加者やスタッフのみなさんの目はキラキラとしていて、雪解け後のトレイルを歩けることのほうが楽しみだと言わんばかりの表情です。出発前に記念撮影をして、いざ出発!

雨なんて問題ない! と、気合の入る参加者のみなさん。笑顔がすばらしい。

 金沢トレイルの特徴は、金沢城をスタート地点に設定しているところです。城中を通り抜け街中に入り、神社の脇道を通り抜け、裏道の暗がり坂から主計町茶屋街へ。

作家の五木寛之の小説にたびたび出てくる主計町茶屋街。主計町と書いて「かずえまち」と読みます。浅野川沿いの表通りにはお茶屋、小料理店、バーが並び、純和風の風情を醸し出しています。裏道の暗がり坂とあかり坂も風流です。

 そして浅野川の川沿いを歩き、浅野川大橋を渡って、対角線上に位置するひがし茶屋街へと歩を進めます。金沢トレイルは、金沢の街も楽しんでもらえるようにと、風情のある観光スポットを通り抜けるように設定されています。出発が朝の8時ですから、この辺りの観光地はお店のオープン前。人もまばらで、気持ちよく歩いていきます。

この時間はまだ観光客はまばらですが、ひがし茶屋街は日中は大変混雑する場所なのでご注意を!

1 2 3
 
 
ライター
北村 哲

登山、スノーボード、キャンプ、フェス、旅好きのフリーライター。プランナー/ディレクターとして、アウトドアやスポーツ関連のカタログ、映像、イベント、アーティストコラボ商品などの企画制作も行う。富士山好きで、吉田口の歴史や登山道に詳しい。

line_box_foot