• カルチャー

多くの人が関わることでフェスやイベントが成立する。日比谷音楽祭がスタッフの補償を目的としてクラウドファンディングに挑戦中。

2020.06.10 Wed

 入場料無料のフリーフェスとして、5月に2回目の開催が予定されていた日比谷音楽祭。日比谷公園をニューヨークのセントラルパークで行われているフリーコンサートのように、新たな音楽文化の発信の拠点にしたいという思いを持ってスタートしたフェスだ。キャリアやジャンルもボーダーレスなラインナップで親子三代が楽しめるこのフリーフェスの今年の開催中止が決定されたのは4月のこと。コロナ禍によるフェスやライブの相次ぐ中止によって「イベントやコンサートをつくるための経験や技術、知識までもが失われてしまう」ことを危惧し、日比谷音楽祭2020に関わる予定でスケジュールを空けていてくれたスタッフに対して補償をするためのクラウドファンディングをスタートさせた。

 スタート時の目標額は400万円。その金額が見事クリアしてネクストゴールを設定。セカンドゴール800万円、サードゴール1000万円を目標にしている。

 日比谷音楽祭では、1ヶ月程前〜本番日にかけて稼働予定で、スケジュールを空けていたスタッフは300人にものぼる。音響や照明、舞台設営といったステージ周りのスタッフだけではなく、出店するブースのテントを設営したり、場内を誘導したり。キャンプインの野外フェスでは、さらにスタッフは増える。

 クラウドファンディングのページには、スタッフがどんな仕事をしているのかも綴られている。ステージに立つアーティストだけではなく、多くのスタッフによって、フェスやイベントは作られている。そのすべての人がフェスを成功させるというひとつの目標に向かって結集する。多くの人の気持ちが集まっているからこそ、フェスという時間は特別なものになる。この日比谷音楽祭のクラウドファンディングは、そんな核にあることを再確認させてくれる。

日比谷音楽祭2020 開催中止で仕事を失ったスタッフへサポートを
クラウドファンディング募集期間:2020年4月20日(月)13:00 ~ 6月22日(月) 23:00

日比谷音楽祭2020

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント