line_box_head
deospray

もともとは、病院でも使われていたという除菌消臭スプレー。STEP1で即効性のある除菌と消臭、STEP2で防菌、防カビ、防臭を持続させるという併せ技の実力の持ち主です

deospray-2

用途や使用方法、使用上の注意事項は、裏面にしっかりと記載されています。使用する際は、しっかりと読み込んで

boots

山の用具でいちばんニオイが気になるものといえば、コレ。登山靴のなか、奥底の方までしっかりとスプレーしちゃいましょう!

iroiro

もう勢い余って、いろいろなものを試しちゃいました。シュラフにジャケットにヘルメット。どれも洗濯機にはかけられないものばかり。なんだか、気持ちがいいぞ〜

glove

で、山の用具ではないのですが、ついついコレも気になりまして。とくにニオイ、強烈ですから。ぜったいに洗ったりしませんよね、グローブは

 突然ですが、あなたの登山用具ニオイませんか? なんて、見知らぬ人に言われたら、かなりショックですよね。しばらくの間は、立ちなおれないようにも思います。まぁ、そこまでストレートに物事を言う人は少ないでしょうけどね。

 とはいえ、実際のところ、登山用具のニオイってけっこう気になりませんか?

 一度、山に入れば、汗だか雨だか涙だか、いろんな水分が身体の皮脂と混ぜ合わさって山の用具にジンワリと染み込んでいくんですよね。山にいれば風呂に入ることも少ないですし、いわば身体は常に汚れた状態です。でもって、ウェアなんかは常にしっとりとしているものなんですよね。いっしょに登っている仲間がみんな同じ境遇にあれば気づきはしませんが、これが、下山してそれぞれの自宅へと帰る途中だったりすると、周囲の視線がどことなく痛かったりもするものです。

 それにしても、なんで山の用具ってあんなにもすえたニオイになっちゃうんですかね。下山後のメンテナンスをまめにやっていれば、そんなことはないのかもしれませんが、登山靴やザックやシュラフなんかは、そうそう手が回りませんよね。やっても天日干しにするくらいでは? そうやって繰り返して使っていくうちに、いつしかツーンとしたニオイに気が付くんですよ。自分で気が付いてしまったときは、ときすでに遅しですが……。

 山を下りた後の身だしなみとでもいいますか、ニオイにもしっかりと気を遣った方がいいみたいですよ、いまの世の中。

 なによりもニオイの元を断つのがいいのは当たり前。だから、洗濯できるものはトコトン洗濯してしまうのがいいそうです。登山靴なんかも水洗いはダメ、なんていう人もいますが、いやいや、もともとあれだけビショ濡れになる用具なんだから、思い切ってバシャバシャと洗っちゃってください。

 それでも取れないニオイなら、もしくは、そんなの面倒だという人には、いいアイテムがあります。

 山専のショップで見つけたスプレーは、なにやら万能のニオイ消しのようなのです。その名は「パシフィックビーム・モールド デオスプレー」。持続型多機能スプレーという別名もついています。なにに対して持続型で、どう多機能なのかといえば、

 STEP1 即効の除菌、消臭
 STEP2 持続の防菌、防カビ、防臭

 と、ありました。ラベルにはさらに、ウイルス対応! 400種類以上の菌に効く! という文字が並んでいます。しかも、プロフェッショナルユースという表記も。実のところ、これらの文字を読んでいてついつい手が出てしまったのですが、山専のショップだったこともあり、店員さんに聞いてみたんです。

 そうしたら、「この商品の実力はかなり高い」ということでした。店員さん曰くご自分でも使っているとか。そんな言葉に押されて購入してみたのですが、うん、なんだかコレいいぞっといった具合です。

 除菌消臭だけに、ニオイの元となっているさまざまな菌をスプレーの成分が化学的に取り込んでしまうようなんです。主成分のところを見れば、ジオードメチル-P-トリル、スルフォン・ポリヘキサメチレンなんて耳慣れない名前が並んでいます。正直に言って、チンプンカンプンな分野なのですが、これらの成分が菌を相手にバリアをつくったり、菌の細胞壁を壊したりするそうです。

 それによって効果が生まれるらしく、こと、山の用具のニオイの元となる、アンモニアや酢酸ガス、イソ吉草酸ガスなんかも取り去ってくれるとか。イソ吉草酸ガスはおもに体臭の元となるガスで、いわゆるあのすえたニオイの一因なのです。

 もちろん、これだけ万能の除菌消臭スプレーなので、山の用具にだけに使うものではありません。用途の欄には、さまざまな対象が並んでいます。

 血圧計カフ、褥瘡マット、排泄介助、車内、船室、下駄箱、靴、ブーツ、靴下、押入れ、布団、枕、枕カバー、毛布、シーツ、洋服、スーツ、畳、じゅうたん、カーテン、エアコンのフィルター、ゴミ箱、生ゴミ……と、挙げれば切りがないほどです。
 
 使用方法は、20、30cmほど離れたところからプシュプシュプシュッと7、8回程度、スプレーするだけです。あとは、よく乾燥させればそれでOK。

 で、実際に使ってみました。すると、なるほど、オモシロいくらいにニオイがなくなるんですよね。焚き火の煙でクサくなっていたので避けていたゴアのジャケットも、これで安心して着られるようになりました。ちょっと調子に乗って、ここぞとばかりにブーツやらヘルメットやらシュラフやらまで引き出してきたほどです。

 ニオイは山の思い出のひとつかもしれませんが、一度、きれいサッパリにして、新たな思い出を付け加えるのも悪くないと思いますよ。ぜひ、一度お試しアレ。
                                                                                     

■商品情報
パシフィックビーム・モールド デオスプレー
価格:1,890円 内容量:400ml
原産国:日本 
問い合わせ:エム・アイ・シーTEL.045-784-3888
商品の詳細はコチラ

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot