line_box_head

伊藤 伴。日本最年少にしてエベレスト、ローツェの連続登頂を成し遂げた男---その2

(2016.09.21)

登山のTOP

icon

(伊藤 伴、前編はこちらから)

 8,848m。世界最高峰のエベレスト。その頂に立つには体力や精神力だけでなく、資金集めと運が必要となる。伊藤は19歳という若さでその資金を集め、エベレストに向け出発した。しかし、生まれて初めてのエベレストは、そう簡単には登らせてはくれない。2015年4月25日。ネパール地震の影響で、彼は大規模な雪崩に遭遇することになる。

 多くの犠牲者を出したベースキャンプ(以下、BC)を翌年ふたたび訪れた伊藤は、そのときなにを思ったのだろうか……。

 
*****
 

▼エベレストのBCでの滞在中に地震が起き、大規模な雪崩に巻き込まれていますが、そんな状況を経験しながら、すぐまた翌年に登ろうと思えたのはなぜですか?

 たしかにあれは、本当に怖い体験でした。それなのになぜ、また行きたいと思ったのか、正直自分でもわかりません。すごく恐ろしかったのですが、それ以上に、エベレストに登りたいという気持ちのほうが強かったんだと思います。
 
 ただ今年、BCに着いて、雪崩の起きた方角に雲がかかっているのを見たとき、ものすごく恐怖が襲ってきて、その山を直視することはできませんでした。

 

▼「登るのをやめたい」と思ったことはないのでしょうか?

 じつは、一度だけあります。

 ロブチェに登るときでした。ひどい高山病で、お腹の調子も悪く、このときばかりはさすがに「もうやめてやる! エベレストなんてとんでもない。もう下りたい、帰りたい」と本気で思っていました。

 でも、ロブチェの山頂に着いたとき、快晴無風でエベレストがドーンと見えて。

 さっきまでのつらさも忘れ、下山中には「エベレストに行きたいです!!」と近藤さんに話していました。

 あのとき以来は、ただただつらいってことはあるのですが、やめたいとは思わなくなったんです。「なぜ、登っているんだろう?」と思うことは、いまだに多々ありますけどね(笑)。


 

▼憧れのエベレスト、実際に行ってみてどうでしたか? また、そこはどんな世界なのですか?

 まず、身体的にも物理的にもさまざまな準備があって、エベレストに登る前にBCにひと月ほど滞在するのですが、初めて訪れたBCの印象はとてもひどいものでした。

「ここは地獄だ」と思いました。氷河の上で極寒。こんな寒いところにテントを張って1ヶ月も過ごすなんて……と。

1 2 3 4 5
 
 
ライター
久保田亜矢

スポーツ・フォトジャーナリスト、フリー編集者。スノーボードやスキー、アドベンチャーレース、サバニなどアウトドアスポーツをメインに、選手のインタビューや大会レポートを執筆。数々の雑誌で活躍中。『Adventure Race』編集長。http://ayakubota.jp

line_box_foot