line_box_head

<特別寄稿>服部文祥、モーラナイフを使う。 in北海道

(2015.11.19)

道具のTOP

icon

画像01

今春の本格上陸以来、
「切れ味鋭く、価格は安い」ことで
愛用者が増えているモーラナイフ。

釣り、狩猟、野営、焚き火……
あらゆるシーンで活躍するモーラを
サバイバル登山家の服部文祥さんに
チェックしてもらいました!

※ 注意!
今回の記事にはエゾシカの解体シーンなどがあります。


服部さんが北海道に携行したナイフ。右から「コンパニオン」「モーラ2000」「フィッシング コンフォート スケーラー」「748MG」「マッシュルームナイフ」


山旅とナイフ  服部文祥

 山登りにいいナイフは何ですか? と聞かれたら、やや戸惑いながらも、正直にこう答える。

「山登りにナイフなんていりませんよ」

 たとえテント泊で自炊だったとしても、刃物を使わないのが、今の登山である。ガスストーブ(コンロ)でお湯を沸かし、ドライフードの封を切って、入れるだけ。そこにナイフの出番はない。ジャガ・タマ・ニンジンでカレーを作っていた二〇年前だって、登山ナイフは野菜を切ることにしか使われなかった。ちなみに女の子といっしょに山に登ってリンゴを剥くのは、ハイキングであって登山ではない。

 実は登山に持っていくナイフとは、それだけで、山に対する態度や思想を表してしまうものなのである。極限のクライマーは持って行かない。持って行くとしてもせいぜい万が一の事故時にロープを切るための最軽量ナイフである。
 長期縦走などの重厚な登山をおこなう人は、荷物にならない安い刃物かハサミ。ハサミはアウトドアで思いのほか役に立つ。私に登山を教えてくれた和田城志というおっさんはオルファのカッターを使っていた。曰く「よく切れ、軽く、安く、手入れも簡単(刃を替えるだけ)、二週間の黒部横断にはぴったりやで」。

 刃物が野外活動でその存在感を表すのは、生活用具を作り出すときや、原材料から調達して料理をするときである。

 私は現地調達の登山を志してはいるものの、生活用具は作り出してはいない。住居はタープとロープで屋根を掛け、アルミの鍋を持ち歩いている。刃物を使うのは、料理と焚火くらいである。

 それにあわせて刃物は二つ持っている、小さな包丁とノコギリである。これでほとんどすべてできる。ちなみに包丁は木屋のエーデルワイスNo.160、ノコギリはシルキーのゴム太郎300ミリ。ただ小さな包丁は、冬山で大物獣を解体するのに心もとない。問題なく大物獣もばらばらにできるのだが、刃が繊細なので欠けないように気を遣う。というわけでケモノを解体できて、料理も気ままな刃物がないものかな、と探していた。

 ここで正直に告白する。今回使った様々なモーラナイフは自費で購入したわけではない。「北海道に遊びに行く」とある編集者に話したら、試しに使ってみてほしいと頼まれたのだ。

 ただ、モーラナイフは使ったことがあった。先シーズンの後半、ナイフを研ぎ忘れて猟に出たときに、友人がファイヤースターター付きのモーラナイフを貸してくれたのだ。見た目は可愛いのだが、手に取ると本物具合が伝わってきた。切れ味も良かった。そして、貸してくれた友人からの情報、「モーラナイフは総じて安価だ」というのも気に入った。

 高級な道具を持って山に入るのが苦手なのだ。値段が気になって道具として使い込むことを躊躇したり、失くさないか必要以上に気を遣ったりと、へたに上等なものは行為そのもののペースが乱される気がするのである。機能が必要充分で、値段が安い。それだけで道具としては優れている。

 目立つ(色が明るい)というのもモーラナイフのいいところだ。ナイフはパッと置いて別の作業をして、また手に取るということがよくある。とくに解体ではそんなことが多い。刃物を手に持ったまま、別の作業をするのが危険だからだ。合間の作業が長引いて「あれ、ナイフどこに置いたっけ?」ということもよくおこる。目立つというのはじつはアウトドアナイフの重要な機能である。

 見やすくて、持ちやすくて、よく切れて、安い。気になっていたモーラナイフを試用させてもらうのは、実際のところ楽しかった。

※服部さんのナイフレビューは次頁から!

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot