line_box_head

ヒルバーグが富士山麓に集結! オーナーズミーティング「Hilleberg Roundup 2016」に行ってきた

(2016.10.19)

道具のTOP

icon


 去る10月15・16日、ヒルバーグオーナーズミーティングが富士山麓のキャンプ場「ふもとっぱら」で開催された。日頃からヒルバーグを愛用するキャンパーやクライマー、パドラーが集まる、初のミーティング。ヒルバーグ本社からは代表のペトラ・ヒルバーグ氏も来日し、メーカーとユーザーがフィールドで触れ合う貴重な2日間となった。

 雨雨雨、来る日も来る日も雨が続いたこの数週間。なんでも、ふもとっぱらキャンプ場では、9月中はたった4日間しか太陽がおがめなかったとのこと。しかし、先週末は待ちに待った晴天!週末が晴れるのは、じつに2ヶ月ぶりだという。

見渡す限りのヒルバーグテント。ここまで揃うと壮観だ。一般キャンパーも多く訪れていた。

 そんなたまりにたまったうっぷんを晴らすかのように、この日はたくさんのキャンパーがキャンプイン!そして、ヒルバーグオーナーズミーティングも、富士山が見守るなかではじまった。

ペトラ・ヒルバーグ氏。彼女は、ヨーロッパ以外のすべての地域のビジネスを担っている。

 会場に到着すると、すでに多くのヒルバーグテントやタープが張られていた。なかなかここまでの数が一同に会すことはないだろう。さっそく自分たちも場所を決め、テントをたてる。しばらくすると、ヒルバーグ社のペトラ氏が参加者のテントサイトを隅々まで巡回していた。題して「ペトラチェック」!テントがしっかりたてられているかを見ているのだった。

ペトラチェック中。メーカーとユーザーが直接話して交流できるのもこのイベントのいいところ。

たるみ、シワ(注※テントの話しです)が認められると、すぐにペグが引っこ抜かれ、ビシビシ修正される。「もっと引っ張ってたてるのよ!」(たぶんそう言っている)と、笑顔で教えるペトラ氏。テントは圧倒的に自立型が主流となっているが、ヒルバーグの代表的なモデルにはカマボコ型の自立しないタイプが多く、少しコツがいるのだ。

いつも笑顔のペトラ氏、。彼女にとって“子ども”であるテントを介してユーザーと触れ合う。

徐々にペトラチェックがわたしたちのテントサイトにも迫ってきた。戦々恐々としながら見守っていると、彼女は笑顔で通り過ぎていった。どうやらOKとのことらしい。ホッ。

ペトラ氏は言う、「テントはわたしたちにとって、子どものようなものなんです」と。大切な子どもが不格好に張られていたとしたら…やはり指導したくなる。メーカーの代表から直々に、張り方を教えてもらえるなんていう機会もオーナーズミーティングならではだ。テントはシワ無く美しく張られてこそ、本来の剛性を発揮できる道具。ペトラチェックは、そんなことを再認識する洗礼でもあった。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot