line_box_head

音楽、温泉、地元の食。そして涼しさ。4つの魅力がつまったフリーフェス、蔵王龍岩祭。

(2015.08.07)

フェスのTOP

icon

画像

蔵王スキー場のゲレンデを利用した会場。標高もあるので、暑くても、さわやかな風が吹いてくる。

画像02

地元の食材を使った地元の出店が多いのも特長。ここだけのフェス飯に出会えます。

画像03

フェスにビールは欠かせない。キャンプインも可能。温泉街では、素泊まり3,300円という宿泊プランもある。とにかく歩いて帰れるといのが魅力。

 山形県蔵王。開湯1900年を誇る名湯であり、スキーでも名を馳せた場所。かつては多くの観光客やスキー客で賑わっていた蔵王を、再び活気ある町にしたいと立ち上がったのが、「蔵王龍岩祭」というフェスだ。お客さんの敷居を低くするために、入場料をとらないフリーフェスとして開催を続けている。今年で10回を数える。

 スキー場のゲレンデなどを利用したステージ。緑が拡がり、いるだけで気持ちよい。そして蔵王は標高は1000メートル近いこともあって涼しい。夜になれば、Tシャツ&ショートパンツという夏スタイルでは、ちょっと寒いくらいだ。

 ゲレンデに近いから、温泉街も歩いていける。地元の食材を使ったフードも出店している。

 フリーといっても、出演するアーティストは30以上を数える。TURTLE ISKAND、BACK DROP BOMB、NAMBA69など、「フリーでこんな豪華なの?」と唸ってしまうラインナップだ。

 音楽があり、温泉があり、地元の食材があり、そして涼しさがある。夏の熱さに閉口しているけれどフェスに行きたいと考えているあなた。今年は蔵王を選んでみてはどうだろう。

蔵王龍岩祭

会期:8月21日(金)〜23日(日)
会場:山形県山形市・蔵王温泉スキー場特設会場
入場料:無料
open&start:T.B.A
出演:青谷明日香、ズクナシ、BACK DROP BOMB、NAMBA69、TURTLE ISLAND、WRENCH、ラビラビ、

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot