line_box_head

コットンテントだけじゃない! Nordiskのもうひとつの形「Nordisk Light Weight Style」に触れてみよう

(2019.11.06)

道具のTOP

icon

 Nordisk(ノルディスク)といえば、コットン製の大型ファミリーテントを誰もが思い浮かべることでしょう。日本のキャンプシーンにはなかったティーピー型で生成(オフホワイト)のコットンテントをチラホラ目にするようになったのがおよそ10年ほど前。先取的なお洒落なキャンパーさんたちの目にとまり徐々に広まり、Instagramやグランピングの普及も相まって「映えるテント」として完全に市民権を得ましたね。昨今のテレビCMなどのキャンプシーンで使われているのはほとんどNordiskのテントなんじゃないかと思うほど。このコットン(正確にはTCというコットン混紡)のこのシリーズはレガシーシリーズと呼ばれるNordiskの1シリーズなのです。

 レガシーシリーズはNordiskを代表するアイコニックなシリーズではあるのですが、実はNordiskの本社のあるデンマークや周辺北欧諸国では登山やハイキング、OMMレースなどにも使われる軽量なシリーズこそが主力なのです。もちろん情報に敏感な方々ならご存知だったかと思いますが、日本の市場ではレガシーシリーズが大人気だったため、あまり目にすることが少なかったかもしれません。

 Nordisk本社では、レガシーシリーズがファミリー向けのキャンプ用テントとして日本で人気を博していることを誇りに思っているのですが、同時にアウトドアでの活動をアクティブに楽しむための軽量なテント作りこそがものづくりの根底にあり、それを日本の皆さんにもぜひ知ってもらいたいという思いがあるそうです。

 そんなNordiskの試みとして、来たる11月20日(水)19:00から東京北参道にて、「Nordisk Light Weight Style」というイベントが開催されます。

 TelemarkやLofotenといった軽量テントやマットなどの展示と、スペシャルゲストを招いてのトークショーが展開されます。トークゲストには、Akimamaでもお馴染みのアウトドアライター中島英摩さんと、山で見た景色をハンカチに仕立てていく「MOUNTAIN COLLECTOR」の鈴木優香さんのお二人。
 しかも実際にNordiskの軽量テントに見て触れて、そして山や旅のお話が聞けるこのイベントが、なんと入場無料! 

 登山やロングトレイル、ファストパッキング、OMMレースなどを楽しまれている方はもちろん、これからチャレンジしてみたいという方は、ぜひお仕事帰りに訪れてみてはいかがでしょう?

イベント名:Nordisk Light Weight Style
日時:11月20日(水)19:00~20:30頃
会場:BUTSU/YOKU 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-8-8 KKYビル 副都心線「北参道」駅から徒歩約5分
参加費:無料
定員:30名

【申込方法】
参加希望の方は以下の必要事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。
宛先 info◆nordisk.co.jp ※◆を@に変えてメールをお願い致します。
タイトル Light Weight Styleイベント参加希望
お名前
参加希望人数
連絡先メールアドレス
電話番号

【トークゲストプロフィール】

中島英摩(なかじまえま)さん
旅好きアウトドアライター。テント泊縦走から雪山登山まで1年を通じて山に通う。趣味が高じてライターとなり、登山やトレイルランニングの取材・執筆をメインに、国内外の山岳縦走大会やトレイルランニングの長距離レースにも出場している。ロングトレイルを好み、とにかくたっぷり時間をかけてたくさんの距離を旅する派。2018年には地中海から大西洋までピレネー山脈(約1000km)を1ヶ月かけて単独で踏破。

鈴木優香(すずきゆか)さん
アウトドアメーカーの商品企画部を経て独立後、山で見た景色をハンカチに仕立ててゆくプロジェクト「MOUNTAIN COLLECTOR」をスタート。自身の山行を記録する意味合いを持つこの活動では、登山とテキスタイルの制作を繰り返しながら、二度とは見られない景色を集めている。登山歴は8年ほど。縦走、テント泊、雪山、沢登り、スキーなど、まんべんなく経験し、最近はネパールでのトレッキングに夢中。これまでゴーキョピーク、アンナプルナベースキャンプに行き、この春には初めて6000mの登山に挑戦する予定。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot