• 道具

「MAKE:TIME=時間をつくろう」。インスタキャンペーンでグレゴリーをゲットできる!?

2020.07.28 Tue

 気軽には山に行きにくい状況が続いているものの、山へと思いを馳せることはできる。「山に行きたい!!」があふれて、過去の山の写真を見直している人も多いのでは? そんな思い出をうまく使って、次の山への準備期間とするのもありでしょう。

 グレゴリーがいま、ちょうどいいキャンペーンを展開している。「MAKE:TIME=時間をつくろう」をテーマにしたインスタグラムのキャンペーンである。ちなみに「MAKE:TIME」は、今シーズンのグレゴリーのキーワード。
 
 キャンペーンの文言にいわく、

 外の空気を吸う時間、笑う時間、本を読む時間、
 力を抜く時間、水分をとる時間、休む時間、
 なにかを生み出す時間をつくり、
 そして未来のための時間をつくりましょう。
 あなたにとって特別で、大事な時間はなんですか?

 持て余し気味の時間と思い出をうまく使って、自分のインスタに写真をアップしてみると……抽選でグレゴリーのバックパックなどが当たる! というキャンペーンなり。投稿自体はいたって簡単。グレゴリージャパンの公式インスタグラムをフォローしつつ、指定のハッシュタグを付けて、自分のフィードに「MAKE:TIME」で生まれた自分の「お気に入りの時間」をアップするのみ。

 キャンペーンは現在実施中で、この8月の末日まで。詳細は、以下のキャンペーンサイトを参照。プレゼント商品はスタウト35、ズール30、ファインデイなどなど。
■MAKE:TIME PHOTO INSTAGRAM CAMPAIGN
 グレゴリーつながりということで、グレゴリーファンにとってのおいしいニュースをもうひとつ。

 日本では入手できなかった限定カラーが、好日山荘限定で販売開始。なんの限定カラーかといえば、グレゴリーの看板モデル「バルトロ75」。黒系のトーンで配色されたシックな「オニクスブラック」である。

 こちら、そもそもが海外の限定カラーだったものを、グレゴリーの日本の代理店でもあるサムソナイトジャパンと好日山荘がダッグを組んで、国内での販売に漕ぎ着けたもの。 数量も限定とのことなので、欲しければ急ぐべし。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント