• 道具

【NEWS】抜群のフィット感と通気性を約束する、グレゴリーの最新バックパック「カトマイ/カルミア」で大型バックパックとの登山をもっと快適に!

2021.03.31 Wed

 夏山の縦走は宿泊装備で荷物が重くなり、さらに暑さで大量に汗をかく。荷物の重さを感じないよう身体にぴったりフィットしつつも、背中の通気性を確保できる快適なバックパックはないか。

 そんな悩みに答えるのが、グレゴリー(GREGORY)から誕生する最新のバックパック「カトマイ」と「カルミア」だ。バックパック開発の名手であるグレゴリーの最新技術を搭載し、ダイナミックなフィット感と快適性を提供する。

 フィット感を生み出しているのはバックパネルとサスペンションだ。伸縮性のあるバックパネルが身体の自然な動きに対応し、グレゴリー独自の技術であるフリーフロート360サスペンションが、安定した歩行をサポートする。荷物をぎっしり詰め込んだ大型ザックも、身体の一部のようにしっかりと背中にフィットしてくれれば、疲労がかなり軽減される。

 快適さをキープしてくれるのは、背中から腰にかけて使われているメッシュ素材だ。臭気の原因となるバクテリアは、生地や素材に定着して増殖していくが、ニオイ対策として開発された “ポリジン ®・ステイフレッシュ・テクノロジー” により、この悩ましいバクテリアの増殖を抑えている。「カトマイ/カルミア」なら、長期間の縦走でもバックパックに染み込む汗のニオイから解放されそうだ。

 また、「カトマイ/カルミア」は身体への負荷の軽減だけではなく、環境負荷の低減もめざしている。すべてのファブリックにリサイクル素材を採用。製造過程においても、カーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)を抑えている。

 「カトマイ」はメンズサイズで55ℓと65ℓの2サイズ。「カルミア」はウィメンズサイズで50ℓと60ℓをラインナップ。3月25日よりグレゴリーストア、公式オンラインストア、一部正規取扱店にて販売されている。

 抜群のフィット感と通気性を体験させてくれるグレゴリーの最新バックパックをパートナーとし、今年はどんな縦走コースを楽しもうか、そんなことを考えるだけでワクワクしてくる。

■グレゴリー/カトマイ(KATMAI)
MENS
容量:55ℓ(左)、65ℓ(右)
重量:55ℓ=2.12㎏ 65ℓ=2.15㎏
カラー:エンパイアブルー、ボルケニックブラック
価格:55ℓ=40,700円(税込) 65ℓ=42,900円(税込)
※各モデルSM/MD、MD/LGの2サイズ展開で背面調節可能。

■グレゴリー/カルミア(KALMIA)
WOMENS
容量:50ℓ(左)、60ℓ(右)
重量:50ℓ=1.98㎏ 60ℓ=2.03㎏
カラー:ボルドーレッド、エクイノックスグレー
価格:50ℓ=40,700円(税込) 60ℓ=42,900円(税込)
※各モデルXS/SM、SM/MDのの2サイズ展開で背面調節可能。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント