line_box_head

知る人ぞ知る!台湾・南湖大山へ。アウトドアコーディネーター小雀陣二さんの山旅と野外料理

(2017.07.19)

登山のTOP

icon

沖縄本島の遙か南、日本の西端にあたる与那国島。
さらにその110kmほど先に位置する台湾は、
フィリピン、インドネシアへと続く、世界最大の多島海域の北端にあたる。
そんな太平洋の楽園は、知る人ぞ知る「山の島」。
九州本土ほどの大きさの台湾には、最高峰の玉山(3,952m)をはじめとした
3,000mを超すピークが200以上あるという。
そんな南海に浮かぶ稜線を旅するのは、アウトドアコーディネーターにして
野外料理人の小雀陣二さんだ。

  
山と海、そして食文化。
いざ行こう、憧れの島へ!

「波乗りができて、ごはんがおいしく、温泉もあるらしい……。どこか気になる存在で、いつかは行きたい、と思っていたんだよね」

 昨年12月、台湾を訪れたという小雀陣二さん。ピークだけでなく、豊富なトレイルにも恵まれるなかから、3人の仲間と選んだ旅先は、島内にある太魯閣国立公園の最高峰・南湖大山(3,742m)。より美しく、手つかずの自然が魅力だという。

 周囲が900kmほどの台湾は、その中央から東側が南北にわたって山岳地帯で覆われており、平地は島の1/3ほど。つまり、否応なく、都会と自然が近い距離にある。最大の都市は島の北端にある台北。そこから南湖大山の玄関口となる宜蘭へはバスで約1時間、そこから登山口へは、同じくバスで2時間半ほど。容易なアクセスが、台湾の登山、その魅力のひとつだという。
日本の西端である与那国島からは約110km、台湾海峡を挟み、中国大陸まで約150km。島の中央から東側にかけて、山岳地帯が広がっている。島の玄関口は北端の台北、登山の起点になるのは70km離れた宜蘭(画像=Googleマップより)。ガイド同行でないと入山できない、という情報が流れているが、じつはそんなことはない。台湾の国家公園(国立公園)にある入山許可が必要な山でも、正式な手続きを踏めば外国人でも個人で入山することができる(手続きの流れについては、昨年公開された記事に詳しい)。

 ともあれ、台北にたどり着いた一行は、食材を求めて雙連朝市へ。ここは市民の台所ともいうべき市場で、通りを埋め尽くす露天には、生鮮食品や家庭用品、衣料品があふれている。また、朝食として欠かせない豆乳や蛋餅など、暮らしに根ざした味を手軽に楽しめる。次に向かったのは、19世紀から続く台北最古の問屋街・迪化街。ここにはフカヒレなどの高級食材や中国茶葉、乾物やドライフルーツ、漢方薬など、台湾のみならず中国本土が誇る食材がずらりと並んでいる。
左/漢方薬が集まった迪化街の路地。薬草の匂いがたちこめる。右上/雙連朝市は毎朝開催。見たこともない南国のフルーツがところせましを並ぶ。右下/外食が多いという台湾の食事情。朝はなじみの店で温かい豆乳と蛋餅(台湾式クレープ)を食べるのがスタンダードだとか

「はじめ、食事はそれぞれ別で、という話でね。とはいえ、一品くらいはつくろうかと大きなクッカーも用意していたんだけど……」

 見慣れない野菜や果物、豊富な麺類や乾物。旅先で出会う市場には、観光地にはない、土地の素顔が表れる。異国の風物と香り、人々の表情。それらを味わい歩いていると、旅への期待が重なり、しだいに気持ちが高まってゆく。

「それとともに、メンバーの“つくってほしいオーラ”が盛り上がっていくのを感じるわけ。そうなると、好きな食材を探してきて、あとは俺がそれに合わせるから……って言わざるを得ないよね」

 旅する料理人は、しょうがないねと目尻を下げる。以前、小雀さんに聞いたことがある。いちばんやり甲斐を感じるのはどんなときですか。

「もちろん料理をつくることも好きだけど、いちばんテンションがあがるのは、遊んで疲れて腹ペコの仲間が、わくわくしながらごはんを待っていてくれているとき。いまこの瞬間、なにをつくればいちばん喜ばれるかを考え、おなかいっぱい食べさせること……かな」

温かい心遣いを受け、登山口へ
左上/宜蘭は駅の案内所もタクシーも、大衆食堂の店もまったく英語が通じない。やりとりは筆談とゼスチャー、笑顔で。左下/宜蘭のバスターミナルから登山口へ向うバスへ乗車。意外や構内にコンビニもありなかなか快適。右/南湖大山は太魯閣国家公園にあたる。勝光登山口から入山

 翌朝は、買い出し後に移動をすませた宜蘭から、梨山行きの路線バスに乗車。山間部を抜けて標高を上げてゆくが、事前に確認したはずなのに、いつまでたってもバスは止まらない。運転手に不安を伝えると、なにやらそこでは降ろせないといっている様子……。事情を飲みこめないでいると、日本語を話せる女性が間に入ってくれた。連日の雨で登山道の一部が崩壊しているから、別の登山口に連れていってくれる、ということらしい。

「ふたりの好意に驚いていると、困ったことがあったらと、彼女がLINEのアカウントを教えてくれた。この旅では、以降も台湾の人の温かさに助けられっぱなし。ありがたいよね」

 ようやく勝光登山口にたどり着く。標高は1,930mあるが、さすが南国、あたりの植生、空気感はちょうど奥多摩のよう。

 さあ、行こう。

 声をかけて歩き出す。2時間ほど歩いた頃から足元はしだいに苔に覆われ、杉の巨木や奇岩が姿を現す――そう、屋久島のあの雰囲気みたいに。2,795mの多加屯山の山頂に立つが、あたりは変わらず森に囲まれている。初日は新雲稜山荘で荷を解いた。無人の小屋だけど、きれいに整備されており、調理台も使いやすい。小雀さんはすばやくスープをつくり、台北のアウトドアショップでもとめたアルファ米のおこわの封を切る。このおこわが絶品! 外の気温は10度ほど。静かな雨が周囲の森を濡らしている。
12月の南湖大山の登りはじめは、紅葉時期の奥多摩や秩父といった雰囲気。新雲稜山荘はすでに標高2,800m近くあるが周囲は深い森に包まれていた。南湖大山の森林限界は3,000mほど

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot