• 道具

もしかして、お値段ちょうどいい? NikonのFXフォーマット採用「D610」

2013.10.09 Wed

林 拓郎

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

 Nikonのデジタル一眼レフカメラには、「FX」と「DX」というふたつのフォーマットがあります。

 単純に、違うのは光を受け取るセンサーのサイズ。「DX」はデジカメの標準的サイズですが「FX」はそれよりも大きく、35mmフィルムとほぼ同じサイズ。このセンサーが大きければ大きいほど、色も光りも豊かに撮影できます。が、「FX」フォーマットは技術的レベルも価格面でもお高いんです。現行のNikonでラインナップしているのはハイエンドモデルの「D4」と、セミプロ仕様とも言える「D800」「D800E」のみ。

 ここに10月8日! 新たな「FX」フォーマットカメラが投入されました。「D610」は有効画素数2426万画素のFXフォーマットCMOSセンサーを搭載。画像処理エンジンは上位機種の「D4」「D800」と同じ「EXPEED 3」を採用。さらには高速連続撮影は約6コマ/秒の機動力をそなえつつ、画質モードをBASICにすれば最大100コマもの連続撮影が可能。また、シャッター音の静かな静音連続撮影モードでは、静音撮影のまま約3コマ/秒の連続撮影が可能です。

 つまり、つまり、上位機種と同等の鮮やかな色再現性や広いダイナミックレンジを実現しながら、野外動物などの撮影に適した静音性を持ち、イザとなったら100コマ連続で激しい動きもカバー。もちろん動画撮影も可能で、フルHDを最長29分59秒まで撮影可能。

 発売予定は10月19日。価格はオープンプライスですが、市場では20万円程度と予想されています。というわけで、ついにFXフォーマットが20万円を切るか!が注目の的。どちらかと言えば単焦点の短いレンズで接写やスポーツ撮影、ポートレイトなんかを楽しんでいる人には驚きの低価格フルサイズカメラとして、じゅうぶん次期主力機の候補にあがるのではないか、と思う次第であります。

ニコンイメージング
D610

林 拓郎

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

Keyword

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント