• ファッション

【スクープ】悲報! パタゴニアのフットウェアがこの秋冬モデルで終了

2014.11.11 Tue

 patagonia footwearに関する悲報が、さきほどAkimama編集部に入ってきた。なんと、2014年の秋冬ラインとして登場したモデルを最後に、生産が終了することになったそうである。

 パタゴニアは、イヴォン・シュナイナードという人物によって、アメリカで1965年に設立されたのが、アウトドアを代表するブランドだ。

 ブランド独自の素材を使用したウェアやバッグ、サーフィンを中心としたウォータースポーツ、日常使いができるデイリーウェアなどまで、幅広い分野でアウトドアをサポートするラインナップがリリースされている。

 また、環境保護の活動にいち早く力を入れた企業としても知られており、環境に影響のある溶剤や石油製品などを最小限に抑えた素材を採用。<最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する>をブランド理念に掲げ、環境配慮とビジネスをよいバランスで両立させていることでも知られている。

 そんなパタゴニアからフットウェア部門「patagonia footwear」が登場したのが、いまから7年前の2007年のこと。ウェアと同じコンセプトで製品の開発が進められ、リサイクル素材を積極的に採用。リペアに対応できる製品も近年には多数登場しており、ウェアなどと同じようにフィールドでの機能性と、環境配慮という重要なDNAがしっかりとフットウェアにも踏襲されていた。

 この秋冬は、リサイクル素材を使用し、フリースをライニングに採用したウォータープルーフのウィンターブーツ「ACTIVIST FLEECE WATERPROOF」の登場、シンプルなビジュアルと履き心地で人気を博したメンズPAUラインが復刻し、サーフィンの行き帰りから街まで活用するクラシカルなモカシン「SISKIWIT MOC」なども話題だった。

 この冬は、惜しまれつつその歴史を終えるパタゴニアフットウェアに足を通し、暖かく冬を過ごしてみてはいかがだろうか。

 patagonia footwearはコチラ
 

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント