line_box_head

Tevaの折りたためるスノーブーツ。その機能と完成度がすごい!

(2014.11.06)

ファッションのTOP

icon

画像

カラーは写真のネイビーの他、ブラックがラインナップ

画像02

これが、こうなります。で、左のインナーは室内履きに。右のアッパーはくしゅっと折りたたんで付属のケースに入れてバッグの中へ。

画像03

インナーを抜いたらアッパーはしまっておきたい。でも、アッパーって汚れてるよね。というわけで収納ケースをつけました。しかも左右それぞれのアッパーに内蔵。ホント、行き届いてます。

画像04

左上/シューレースはフックからアイへ。これでウエアやデニムに引っかかる危険性はゼロになりました。 右上/ボディは全体にゆったりとしたデザインに。脱ぎ履きが楽になった上、クルマの運転はさらに快適に。 左下/インナーにはループが備わり、履くときの簡単さがレベルアップ。スルッと一発です。 右下/インナーの内部はマイクログリッド構造を採用。温かくムレにくいのがありがたい。

 インナーは脱着式で部屋履きに変身。その間、アウターは小さく折りたたんで収納可能。こりゃ荷物も減るし便利じゃん!ってことでスキーヤーやスノーボーダーなど、冬をさすらう旅人たちが注目するTeva(テバ)のスノーブーツ。そのニューモデルが「CHAIR 5 3(チェア 5 スリー)」として登場しました。

 見た目はストリートにもピッタリなカジュアルデザインですが、アッパーはウォータープルーフ加工。インナーにはシンサレートを使用して、マイナス32度まで温かさを保ちます。

 この本格仕様のブーツを多くのアスリートやスノーガイドなどがフィールドに持ち出し、ラフに、タフに、日常から仕事現場まで徹底的に使いまくって機能をチェック。細かく細かく、使い勝手を磨き込んでいきました。こうして今期モデルに与えられた変更点は
・足回りにゆとりを持たせて脱ぎ履きを簡単に
・脱ぎ履きを簡単にするインナーのループ
・ウエアなどに引っかからないシューレースアイ
・アッパー上部にアッパー用ケースを内蔵
などなど。その他に素材や足型の見直しも含めれば、手を入れた箇所は書き切れません。が、履き心地を含めて、足を入れた瞬間から今までとは違う!と思える仕上がりです。

 もともと「CHAIR 5」はアッパー素材に柔らかいウォータープルーフテキスタイルを採用しています。実はこれ、足首の動かしやすさに直結する部分。冬のクルマの運転にはじわじわ効いてくる要素です。さらにアウトソールのグリップ力は驚くほど。雪はもちろん、濡れたタイルや真冬のアイスバーンでも難なく歩けてしまう安心感は絶大です。そして旅先でもスノーキャンプでも、インナーを取り外せば暖かい室内履きへとチェンジ。出かけるときにはまたアウターを履けばいいだけなので、冷たいブーツに足を入れるあの感覚とはオサラバです。

 あ、言い忘れましたが片足重量はわずか589g。実際手に持つと、頼りないほどの軽さです。が、滑りにくくて安心な上、温かくてウォータープルーフとくれば、まさに存在を忘れさせる快適さ。ちなみに女性用には「JORDANELLE 3 WP(ジョルダネール 3 ウォータープルーフ)」も登場しております。お値段も手頃だし、これは男女ともにクリスマスプレゼントの第一候補かも!

 

■CHAIR 5 3
サイズ:25.0cm〜30.0cm
カラー:ネイビー、ブラック
価格:17,800円(税別)

■JORDANELLE 3 WP
サイズ:22.0cm〜26.0cm
カラー:ラベンダーアッシュ、ブラック
価格:16,800円(税別)

 

●製品についての詳細はこちらへ
jp.teva.com

●Teva facebook
http://www.facebook.com/Teva

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot