line_box_head

沖縄で開催される残波ジャムで、2014年のフェスのフィナーレを!

(2014.11.05)

フェスのTOP

icon

画像

「選挙フェス」で注目を集めた三宅洋平がプロデューサーのひとり。三宅洋平率いる(仮)ALBATRUSも出演する。

画像02

子どもたちが、自由に遊び回る風景も、ローケルフェスの大きな魅力。

画像03

初日のヘッドライナーは、沖縄の伝説と言われている「紫」。沖縄の文化とヤマトの文化が融合する。

 4月にはじまった2014年の野外フェスも、いよいよフィナーレを迎える。今週末に開催されるのが<残波ジャム>。このフェスこそ、「今年最後のフェス」がふさわしい。「今年最後」とは、「来年へのプロローグ」でもある。

 この<残波ジャム>が立ち上がったのが2011年。そう、東日本大震災があった年だ。この大震災を大きなきっかけに、地方発のローカルフェスが、エネルギーを持ってきたように感じる。都市(あるいは都会、もしくは経済)から脱却し、自分たちの住む場所を舞台に、自分たちのビジョンを伝えようとしていくローカルフェスこそ、新しい繋がりの場所として、確実なポジションを得ているのに違いない。

 <残波ジャム>の会場になるのが、沖縄本島の中部に位置する読谷村。震災をきっかけに沖縄に移住した人たちが、地元の人たちと新しい繋がりを持ち、新しいコミュニティを構築していく。そのコミュニティのひとつのシンボルが、フェスという祭りに違いない。

 「音楽とアートと自然の融合」を目指す<残波ジャム>。もちろん、都市からも多くのミュージシャンやアーティストがかけつける。お客さんも、「今年最後のフェス」のために沖縄へ向かう。

 2014年のフェスのフィナーレ。沖縄のローカルフェスから発信されるビジョンに、未来へ、そして世界へバトンタッチしていく「何か」が込められている。
 
残波ジャム残波ジャム
2014年11月8日~9日 9:00~Open/Start
@残波岬公園(沖縄・読谷村)

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot