line_box_head

春だ、桜だ。代々木公園ではフリー(無料)イベントだ!

(2015.03.24)

フェスのTOP

icon

画像

去年は満開の桜と重なった春風。ライブやDJだけではなく、数多くの出店ブースもフェス気分を盛り上げてくれる。

画像02

春風では福島の子どもたちを呼んで、ワークショップを開催している。

画像03

フェスや野外パーティーで活躍しているバンドやDJが集結。現在、クラウドファンディング実施中。

画像04

奥田民生、木村カエラ、真心ブラザース、サンボマスター、チャットモンチーといったミュージシャンだけではなく、ミッツ・マングローブなども出演する。どんなフェスにフリーイベントになるのだろうか。

 東京でも、染井吉野の開花宣言があり、いよいよ春モードにシフトチェンジした人も多いのではないだろうか。

 春といえば野外。東京の春を飾る野外イベントといえば、代々木公園で開催される数々のフェスがあげられる。

 まず、お花見シーズンの恒例となったフェスが「春風」。97年の温暖化防止京都会議を契機に、地球環境保護を野外イベントを通してどうアピールしていけばいいのかを、フリーパーティーという場で実践し続けている。一時期開催が中断されていたけれど、2011年の東日本大震災以降は、ソフトエネルギーを使った新しいスタイルのフェスを提案している。今年も3月最後の週末の代々木公園で、cro-magnon、INDUS & ROCKS、ラビラビ、近藤等則、OKI DUB AINU BANDなどがライブ繰り広げ、WADA、YOGURT、J.A.K.A.MなどのDJがスピンする。

 春風の3日後に開催されるのが「みんなとうた」。ソニーミュージックアーティスト(SMA)の40周年を飾るイベントとして開催される。SMAに在籍するアーティストが総出演するとあって、豪華なラインナップだ。ホームページには「堂島孝平がSMAのつわもの達を率いてのスペシャルバンドを結成」というアナウンスもある。全国のフェスめしも集結するという。

 例年では、東京では開花宣言から満開になるまでは一週間。「春風」や「みんなとうた」でライブをバックに花見を楽しむ。贅沢な時間になることは間違いない。

春風2015
3月28日(土)12時〜 29日(日)10時〜
代々木公園 野外ステージ周辺
 
SMA 40TH FAINALみんなとうた
4月1日(水)11時〜
代々木公園 イベント広場

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot