line_box_head

来年こそ、アメリカのフェスにデビューしてみないか?

(2015.06.20)

フェスのTOP

icon

画像

サマーキャンプのメインステージの「ムーンシャイン」。moe.は初日のトップバッターとして登場。最終日にはヘッドライナーを務めた。

画像02

キャンプサイトでの1シーン。いわゆるストリートミュージシャン。フェスなのだから、「フェスミュージシャン」と名付ければいいのだろうか。

画像03

三世代にわたって参加しているのが、アメリカのフェスの深いところ。フェスが、日本に比べ身近にあるのだろう。

画像04

2011年にフジロックに出演したワイドスプレッド・パニック。アメリカでは単独のライブで数万人を集めるほどの、トップクラスの人気を誇るバンドだ。

画像05

メレル海外フェス遠征だから、もちろん足元はメレル。アメリカのフェスでも、メレルをよく見かけた。

 2007年夏にはじまった「メレル」の夏遊びキャンペーン。野外で遊んでいるスナップを応募。そしてグランプリに選ばれた人は、翌年に海外フェス遠征に招待される。8回目の去年にグランプリに輝いた応募者が、今年参加したのはアメリカ中部のイリノイ州で5月に開催されている「サマーキャンプ・ミュージックフェスティバル」。

 参加するファンの数は、およそ2万人。三日間で計6万人。日本のフェスと比較すると大ビッグフェスに含まれるが、アメリカではこれが中規模くらい。

 プロデューサーが「ジャムバンドのフェス」と断言するだけあって、フジロックのフィールドオブヘブンの雰囲気に近い。ほとんどがキャンプインで、キャンプサイトは、森のなかと平坦なエリアの二カ所がある。平坦なサイトはステージから近いのだけれど、日射しをダイレクトに浴びてしまう。自分たちが楽しみたいスタイルで、そのどちらかを選択している。

 このフェスのホスト役を務めたのが、moe.とアンフリーズマギー。moe.は何度もフジロックにやってきているバンドだ。それ以外にも、ワイドスプレッド・パニック、ジョンバトラー・トリオ、STS9などが出演した。

 69年のウッドストックから続く、「自由」と「共有」を享受する場所としてのフェス。それは、この「サマーキャンプ」にもしっかりと受け継がれている。文化として刻まれているものなのかもしれない。

「メレル」の夏遊びキャンペーンは、今年も7月中旬から開始される。本場アメリカのフェスを体験する扉が、ここにある。

MERRELL

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot