line_box_head

2016年のフェス初めはスキー場の冬フェスで。 APPI JAZZY SPORT、10回目の開催。

(2015.12.20)

フェスのTOP

icon

画像

2016年で10回目の開催となるAPPI JAZZY SPORT。毎年テーマが決められているが、今年はフライヤーを見る限りは不明。原点回帰ということだろうか。

画像02

仙台を拠点に活動を続けているGAGLE。AJSを象徴するバンドのひとつだ。

画像03

ライブやDJの音楽だけではなく、ダンスもAJSのコンテンツのひとつ。ストリートカルチャーの発信がこのフェスには存在している。

画像04

ライブペインティングも、今やフェスには欠かせない。

 昼にはスキー&スノーボードを楽しんで、夜はライブを満喫する。スノースポーツと音楽が大好きという人にはうってつけのフェスが「APPI JAZZY SPORT」だ。開催されるのは岩手県北部の安比高原スキー場。「世界最高水準の雪質を持つ安比から、世界へ音楽を発信するミュージシャンを集めて、ウインタースポーツと音楽で遊び倒すパーティー」を目指してスタートしたのが2007年。2016年の開催で10回目を数える冬フェスだ。

 冬に開催されるフェスは、そもそも数が少ない。しかも交通の便がいい大都市近郊で行われるものがほとんどだ。安比は決して交通の便がいいとは言えない。けれど、東北各地や東京から多くのスノー&ミュージック・ラバーが駆けつける。新しい年の幕開けを飾る大切な場所なのだ。

 2016年は、今年アメリカツアーを成功させたtoe、仙台を拠点に活動を続けるGAGLE、アメリカ・ボストンの出会いから20年を迎えるcro-magnonなどがラインナップされている。

「スキー場の冬フェスなのだから、どんな冬の装備をしていけばいい? 寒さはどのくらい?」

 そんな心配はご無用。フェスの会場はスキー場のフードエリア。外で開催されるわけではない。夕方にはじまり深夜に終わる。クラブやライブハウスに行く感覚やスタイルだって、APPIでは決して間違いではない。

 朝早く起きてまだ誰も滑っていないファーストトラックを狙う人もいるし、アフターパーティーまで遊び倒す人もいる。それぞれの楽しみ方ができるのが「APPI JAZZY SPORT」なのだ。
 

APPI JAZZY SPORT 2016

開催日:2015年1月16日(土)
会場:安比高原スキー場(安比プラザ特設会場)

LIVE & DJ:GAGLE、cro-magnon、ROOT SOUL feat Keyco & 椎名純平、toe、PUNPEE & サムフレンズ、田我流とカイザーソゼ、NAOITO.A、有坂美香、BudaMunk [ The Corner Live Band Set ]、feat. 5lack, ISSUGI, jjj, MCKOMICKLINICK, MONJU, OYG, PUNPEE、DJ Mitsu The Beats、marter、77 Karat Gold、Jazzy Sport Dance Team
MOVIE:THE NORTH FACE MOVIE
VJ: GROUNDRIDDIM
Live Paint: nikolashakala (Tokio & Sublow)、DKC

安比高原のウェブサイトには、チケット付き宿泊プランもあります。

APPI JAZZYSPORT -MUSIC&SPORTS-2017

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot