line_box_head

グリーンエネルギーで作られるフェス、SYNCHRONICITY’16 第三弾出演アーティスト発表。

(2016.02.19)

フェスのTOP

icon


 4月24日(日)に東京・渋谷で開催される『SYNCHRONICITY’16-After Hours-』の第三弾出演アーティストが発表された。すでに、BRAHMAN、クラムボン、渋さ知らズなどフェスの常連ミュージシャンがラインナップしているが、fox capture plan、jizue、toconoma、JABBERLOOP、Yogee New Waves、never young beachの6組が新たに並んだ。

 『SYNCHRONICITY』は、開催場所からしても都市型のフェスティバルで、音楽のみならず、ライブペインティングやダンスパフォーマンス、ムービー、などあらゆるジャンルが交錯するアートフェスティバルだ。そして、都市型だからこそ、グリーン電力で開催している点にも注目したい。

 グリーン電力とは、風力、太陽光、バイオマス(生物資源)など環境への負荷を極力与えない自然エネルギーによって発電された電力のこと。SYNCHRONICITYは、音楽やアートを楽しむ空間を永続的に未来にも残したいと考えているのだ。こうした試みを渋谷という場所で行うことはとても意義あるものではないだろうか。さまざまな意味でも刺激的な体験になりそうだ。

 前売チケットは現在プレイガイドにて発売中。今後もアーティストの発表が続くようなので、楽しみにしたい。

SYNCHRONICITY’16 - After Hours -
日程:2016年4月26日(日)
開催場所:TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest
料金:前売 5500円、当日券未定

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot