line_box_head

【揖斐川ワンダーピクニックインタビュー】町と自然、新しさと古さが混在する場所

(2016.05.24)

フェスのTOP

icon

画像

緑に囲まれた播隆山麓がライブ会場。ライブエリアのみ、入場料金が必要。

画像02

シートを敷いてライブを満喫。まさに「ピクニック状態」。

画像03

一回目の昨年はYOLEYOLEなどが登場。今年は在日ファンクなど、人気アーティストが集う。

画像04

マーケットエリアは無料。様々なショップを覗いて、町フェスを満喫。

画像05

これから、揖斐川ワンダーピクニックのような町フェスが増えてきそう。老若男女、誰もが楽しめるフェスがここにある。

岐阜県最西部に位置する揖斐川町。人口2万人余りの小さな町を舞台にフェスが開催されている。町と自然を舞台にした揖斐川ワンダーピクニック。町でマーケットを楽しみ、自然の近くでライブを楽しむ。今年、2回目の開催を迎えるオーガナイザーの久保田大介さんにインタビュー。

—— 揖斐川ワンダーピクニックをそもそも立ち上げたきっかけを教えてください。

 新婚旅行で石垣島に行って偶然、オリオンビールフェスタっていうのがやっていて地元の揖斐川でもなんかやってみたいと思った。それから3年ぐらいは想像するだけ。ある時やると勝手に決めていつも遊んでいる友達に声をかけた。音楽好きも多かったし、出演者も出店者も友達という環境で始めたのが最初(サマーフェスタイビガワ)。7回やったところで、ノウハウ、人脈をみてもっと面白くなるはずと思ったのがワンダーピクニックをやろうと思ったきっかけです。
 
—— 町と自然を舞台にしたフェス。揖斐川とはどういう町ですか。

 居住空間と自然が近いんですよね、山の中っていうわけじゃない(濃尾平野の始まりなんで市街地は、まったいら)。けど、会場になっている場所は中心の三輪神社を抜けるとすぐ山に入っていく子供のころからそこで遊んでました。この時期は水田が広がってグリーン一色ですごくきれいな街です。

—— 揖斐川ワンダーピクニックの特徴を教えてください。

 新旧混在というのが恒久的なテーマです。ずいぶんすたれたけど趣きを残す古い街に突如現れるマーケットとそのクオリティーに驚くはず。山道をのぼると新緑いっぱい、プライベート感たっぷりの特設ライブステージが出現します。森(ライブエリア)と町(マ―ケットエリア)を両方行き来できることが魅力だと思います。

1 2
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot