line_box_head

LOVE SAVES the DREAM初開催。忘れられない出来事が浜名湖で待っている。

(2013.11.05)

フェスのTOP

icon

画像

浜松の移転したDrillのマツオカシュンスケさんが主宰。

画像02

今年が初開催のLOVE SAVES the DREAM。だからこそ、何が起こるかわからない。

画像03

フジロックに出演するなど、日本を代表するジャムバンドのMAJESTIC CIRCUSがフェスのフィナーレを飾る。

 長かった野外フェスシーズンも、そろそろ終わりを迎える。少し前までは、10月の<朝霧ジャム>でフィナーレの感があったが、最近では11月まで続く。台風が来る可能性がある10月よりも、むしろ山々が紅葉し、夜空が澄み。太平洋側では天候が安定する11月のほうが好き、という口にする人も多い。

 さて、2013年の最後を飾るであろうキャンプインの野外フェスが、11月9日から10日にかけて開催される<LOVE SAVES the DREAM>。副題に、「夢を語る 胸を焦がす 奇跡を信じる」とあるように、「忘れられない出来事」になるに違いない。会場は浜名湖のキャンプ場。

 タイムテーブルも発表されている。MAJESTIC CIRCUS、らぞく、BOCCA、INDUS & ROCKS、LASTCALLなど、「ジャム系」のバンドがラインナップされ、いずれも1時間以上、たっぷりライブ時間が用意されている。ライブペイントも、NINOやMON(DOPPEL)など、フェスで活躍するアーティストが集結する。デコレーションやライトショーも、フェスの常連だ。野外フェスを作り上げてきた仲間が、今年最後の祭りに、自分のアイデアを持ち寄って、遊びの空間を作り上げる。

 出店(ベンダー)も数多いという。アメリカでは、ベンダー街を「シェイクダウンストリート」と呼ぶが、日本版の「シェイクダウンストリート」ができるはずだ。

 <LOVE SAVES the DREAM>は今年初開催。だからこそ、何が起こるかわからない。ドキドキワクワクがあるフェスには、参加しなきゃね。

LOVE SAVES the DREAM
日時:11月9日(土)〜10日(日)
会場:浜松弁天島渚園キャンプ場
料金:1日券5,000円/2日券8,000円

LOVE SAVES the DREAMの詳しい情報はコチラをチェック

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot