line_box_head

祝フィル・レッシュ初来日。フジロックのライブを前に、みんなでグレイトフル・デッドを共有する夜。

(2014.04.23)

カルチャーのTOP

icon

画像

サンフランシスコ界隈でも、デッドの音源を聞くパーティーがよく開催されているという。

画像02

フジロックで初来日するフィル・レッシュ。一緒にやってくるのは、フィルの息子たちも在籍するテラピン・ファミリー・バンド。

 65年に活動をスタートし、95年に中心人物のひとり、ジェリー・ガルシアが亡くなるまで30年に及んだグレイトフル・デッドの旅。ジェリー・ガルシアとともに、グレイトフル・デッドの司令塔を言われたのが、ベースのフィル・レッシュだ。そのフィル・レッシュが、今年のフジロックで、ついに初来日するということは、前にお伝えした通り。多くの「いいね」が、その注目度を現している。

 グレイトフル・デッドは、来日してライブすることはなかったけれど、今でも多くのファン(デッドヘッズ)がいる。デッドの音楽を聞いて、フィル・レッシュの魅力をみんなで共有しようというイベント「デッドナイト」が開催される。ライブの録音を認め、その音源がファンの間で広まっていった。今でこそ、ライブ音源は手軽にダウンロードできるけれど、デッドが活動していた20年前は、カセットテープにダビングして、ライブ音源は人から人へと伝わっていった。

 デッドを知る世代も、デッドを聞いたことがないという人も、みんなが集えるようにと、「デッドナイト」と入場料は無料(ワンオーダーは必須)。これぞ、デッドが伝えたシェアの精神だね。

PHIL LESH & THE TERRAPIN FAMILY BAND JP presents
DEAD NIGHT@新世界Vol.1

日時:5月7日 19時〜
会場:音楽実験室 新世界
入場料:無料!

新世界のHPはコチラをチェック!

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot