line_box_head

標高1500mオーバーの天空の牧場がハッピーに包まれるフェス。

(2017.07.05)

フェスのTOP

icon

画像

標高1500メートルに位置する長野の牧場が会場。空が近く感じられる。晴れたら満天の星空が迎えてくれる。

画像02

ファミリーで参加する人が増えてきたこともあって、子ども向けのコンテンツも数多く用意されている。サーカスもそのひとつ。

画像03

8月にアメリカで開催される皆既日食フェスに出演するDACHAMBOは、両日ともステージに立つ。

画像04

歩いて数分のところにある何軒かの温泉宿では立ち寄り湯も可能。キャンプインフェスに必要なものが、コンパクトに揃っている。

標高1500メートルにある山田牧場が会場の「HAPPY FARM FES」。2012年にスタートしたこのフェスは、今年で6回目の開催となる。

「3.11がきっかけで、いろんなことが見えてきて、この混沌とした世のなかで自分達にも何か出来ることはないかと考えたんです。大自然の中で自分達と同じような考えを持つアーティストに集まってもらって、最高の時間を作ることができたのなら、世の中が少しでもいい方向に向かうんじゃないか。そんな考えでスタートしました。名前もハッピーファームで、ハッピーな方向からのNO WAR NO NUKES を掲げやっています」と太川進一さん。 

 フジロックの苗場や朝霧JAMの朝霧高原でも、標高は1000メートルに届かない。梅雨明けが間近で、全国各地で真夏日になったというニュースが流れてくるが、日が落ちれば、かなり冷え込むことが想定される

「空がすごくきれいで、夜も星がすごいんです。この空と星を見て欲しくて、七夕が近いこの時期に開催を決めたんです。後になって、この時期は他にフェスが少ないということを知ったんですね。夜と朝は確かに寒いですよ。薄手のダウンジャケットがあってもいいと思います」

 キャンプも可能だけれど、歩いてすぐの場所に源泉かけ流しの温泉宿が何軒もあるという。素泊まり3000円から用意されていて手頃だ。

「出店の数が多くて、出店のみなさんがフェスを彩ってくれてる感じです。 年々子どもが増え、子ども向けのワークショップが増えてるように感じます。子どもたちがライブのときに1番前の方で踊ってたりするので見ると嬉しい気持ちになりますね。昨年からはサーカス団に来てもらい、子どもたちが楽しめるコンテンツも入れています。雰囲気がすごくいいフェスと言ってもらえるので、今年も全体的にあったかい気持ちになれるようなフェスになればと思います。 最高の自然のロケーションの中で、踊ったり、食べたり、飲んだり、温泉入ったり、ハッピーな気持ちで思っきり遊んでいって欲しいです」

 コンパクトなサイズのキャンプインフェス。出演者もスタッフも、参加するお客さんも、全員がハッピーでスマイルになれる場所。大自然という最高のロケーションが最幸の時間を演出してくれるに違いない。
 
HAPPYFARM MUSIC FESTIVAL 2017

開催日:7月8日(土)〜9日(日)  
会場:山田牧場(長野県高山村)
出演:DACHAMBO、★マーレーズ★、 SOFT、内田ボブ、Muff、bocca、ALKDO、KARAMUSHI 、光風、KEIZOmachine!(HIFANA),dUb MaFfia、三根星太郎 、クロワッサンサーカス、Gravityfree、他

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot