line_box_head

GARMIN創業30周年を記念したニューモデル発表イベントが東京・表参道で開催

(2019.06.18)

道具のTOP

icon

 1989年の創業以来、GARMINは航空機をはじめ、自動車、船舶など、陸、海、空の移動に関わる交通・輸送のほぼすべての分野に、GPSを使ったナビゲーションシステム、および通信デバイスを提供。さらにはランニングやツーリング、登山やエクスペディションなど、フィットネスやアウトドアレクリエーションにいたるまで、多様なライフシーンに対応した、ウエアラブルなGPS機器をリリース。一般のアスリートから登山家、冒険家まで、世界中のユーザーから高い信頼を得ているGPSのパイオニアブランドです。

 地球上のありとあらゆるフィールドで培った高い技術は、絶えず進化を続け、ユーザーのニーズを確実にフィードバックしながら、スマートなデザイン性やタフな耐久性を兼ね備えた革新的な製品を次々と発表してきました。

 なかでも、現在発売されているfenixシリーズは、標高8848mのエベレスト山頂から水深100mの海底まで、過酷な自然環境下でも、その機能性をいかんなく発揮するマルチユースなアウトドアウォッチとして評価され、現在も進化し続けています。

 そして、このたびGARMINでは、創業30周年記念し、GPSのパイオニアとしてこれまでに培ってきたテクノロジーを結集した新しいウォッチコレクションを発表します。詳しい製品情報などは、後日アキママでもお伝えいたしますが、それに先駆けて、このニューモデルの公開発表を行なうローンチイベントが、6月28日、東京・表参道にて開催されます。

 本イベントは、GARMIN創業30周年記念したものであり、このニューモデルの発表レセプションに加え、スペシャルゲストとして、オリエンテーリング日本選手権15連覇など、日本を代表するナビゲーションマスターでもある村越真氏をお迎えし「ナビゲーショントーク」と題したトークショーも予定されています。

 読図の専門家であり、リスクマネジメント研究の第一人者でもある村越真氏は、過酷な自然環境でのリスクマネジメントの実践研究のため、自身の夢でもあった南極観測隊に同行し、この春に帰国したばかり。このトークショーでは、新たなGPSウォッチの活用やデジタルマップについての可能性のほか、南極観測隊の一員として同行した南極での活動などについてお話しいただきます。

 参加希望の方は、以下詳細をご確認いただき、コチラからお申し込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。

なお今回発表される最新機種は28日から期間限定でISHIDA表参道にて販売される予定

GARMIN創業30周年記念
New Watch Collection ローンチ・イベント
『Navigator Talk・村越 真』

日時 2019年6月28日(金)
OPEN 18:30/START 19:00 〜 CLOSE 20:30

会場 ISHIDA表参道
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-15 B1F

料金 入場無料(軽食・ドリンク・GARMINノベルティ付)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot