line_box_head

あの日本最大級の縄文遺跡、三内丸山でフェスが開催される。

(2015.09.11)

フェスのTOP

icon

画像

三内丸山遺跡を象徴する六本柱の前にステージが設営される。

画像02

縄文にまつわる出店も数多い。フリーフェスなので、気軽に参加できるのが特長。

画像03

ジャンベのワークショップ。子どもたちもタイコのリズムを叩く。リズムは大地とリンクする。ほかにも多くのワークショップが行なわれる予定だ。

画像04

12時開演で、終演は20時の予定。ライブを聞いて、ワークショップに参加して、クラフト作品を見て回る。そんな一日。

 日本最大級の縄文集落跡である、青森県の三内丸山遺跡。5500年前〜4000年前の縄文の集落跡で、長期間にわたってそこで定住生活が営まれていたという。三内丸山を中心に、北東北・北海道に広がる遺跡群を世界遺産に登録しようという動きも出ているとか。その三内丸山遺跡跡を会場に開催されるフリーフェスが「Feel The Roots」。
 三内丸山を象徴する巨大な6本柱の前にステージを設営。縄文というルーツを感じながら、ライブやワークショップを楽しむことができる。クラフトの出店も多いという。7回目の開催を迎える今年は、和太鼓集団のGOCOOや、縄文トランスバンドのラビラビなどが出演する。
「ルーツを感じよう」をスローガンにはじまった「Feel The Roots」。正式な名称は、「三内丸山遺跡 縄文アートフェスティバル Feel The Roots」。フェスという場を通して、日本人のルーツを考えるきっかけになるかも。入場料は無料のフリーフェスなので、縄文時代の文化が気になっている人はもちろん、家族でピクニック気分で参加するのもおすすめです。縄文遺跡でフェスなんて、他では体験できませんよ。

写真=廣川慶明/協力=NPO法人Jomonism

三内丸山遺跡 縄文アートフェスティバル Feel the Roots

開催日:9月13日(日)
会場:青森県三内丸山遺跡
出演:RaBiRaBi、GOCOO、Kuniyoshi Takahashi、茂呂剛伸、ほか
入場料:無料

 

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot